[ CBCC Home ]

最近の活動状況

( 2019年4月〜2020年3月 )
公益社団法人 企業市民協議会(CBCC)

4月2日:
プロジェクト選考委員会
理事会の諮問を受けて国際貢献事業候補案件につき審査し、新たに「Alliance to End Plastic Waste(AEPW)によるプラスチック廃棄物ゼロ活動への参加協力」、「ワシントン大学『Be Boundless』キャンペーン」、「グローバルコミュニケーター人材育成プログラム」を「CBCC国際貢献事業」として選定した。
5月24日:
第29回理事会
2018年度の事業報告・財務諸表案につき審議を行い承認したほか、2019年度定時総会の招集、文書取扱規程の改定について決定した。
6月12日〜13日:
サステナビリティ経済導刊(中国)主催第14回国際CSRフォーラム(於・北京)への関企画部会長の出席および基調講演
6月14日:
サステナビリティ経済導刊主催第4回日中CSRシンポジウム(於・上海)への関企画部会長の出席および基調講演
6月18日:
第12回総会(2019年度定時総会)
2018年度事業報告・財務諸表案と役員の退任および補充選任につき審議を行い承認したほか、2019年度の事業計画および収支予算等について報告した。また審議に先立ち、来賓の黒田かをり(一財)CSOネットワーク事務局長・理事から「SDGsの達成に向けた企業と市民社会との協働〜市民社会の観点から〜」と題して講演をいただいた。
7月5日:
RobecoSAM ジャスESGレーティング部長との懇談会
RobecoSAMのマンジット・ジャスESGレーティング部門長より、RobecoSAMが開発した企業のサステナビリティ評価の手法に加え、非財務情報開示における留意点や日本企業に対する評価等について説明を受けるとともに、意見交換した。
9月4日:
殷格非 中国GoldenBee創立者兼チーフエキスパート・華中技術大学兼任教授との懇談会
中国におけるCSR推進の第一人者である殷格非GoldenBee創立者兼チーフエキスパート・華中技術大学兼任教授より、中国におけるCSRの最新動向について説明を受けるとともに、意見交換した。
9月12日:
第45回プロジェクト選考委員会
理事会より諮問を受けた国際貢献事業候補案件につき審査し、新たに「コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所『進化し続ける世界経済システムにおける日本の役割』」を「CBCC国際貢献事業」として選定した。
11月5日:
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッション第1回事前勉強会
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッションの事前勉強として、ペールエリック・ヘーグべリ駐日スウェーデン王国特命全権大使より、スウェーデンにおけるCSR関連政策の動向等について説明を受け、意見交換を行った。あわせて、ミッションに向けた打合せを行った。
11月11日:
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッション第2回事前勉強会兼結団式
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッションの事前勉強として、ペーター・ファン・デル・フリート駐日オランダ王国特命全権大使より、オランダにおけるCSR関連政策の動向等について説明を受け、意見交換を行った。あわせて、ミッション団員の結団式を行った。
11月17日〜24日:
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッション(ストックホルム、アムステルダム、ハーグ、ロッテルダムを訪問)
政府、主要企業・経済界、NGO、ESG評価機関等、両国の様々な主体との対話を通じて、両国のCSR関連政策の動向やSDGsへの取り組み状況を把握するとともに、SDGsの経営への統合・実践をめぐり、忌憚のない意見交換を行った。
12月10日:
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッション報告会
訪スウェーデン・オランダCSR対話ミッションの模様と成果・所感について、二宮会長(ミッション団長)とミッション団員が報告し、意見交換を行った。あわせて事務局より、11月25〜27日にジュネーブで開催された「国連ビジネスと人権フォーラム」の模様について報告した。
1月27日:
サプライチェーンにおけるCSR推進に向けた課題に関する懇談会
商工総合研究所主任研究員の藤野洋氏より、中小企業のCSRへの取り組み事例や、先進事例に見るサプライチェーンにおけるCSR推進に向けた課題について説明を受け、その後意見交換を行った。
9月4日、1月27日:
会員交流会
上記に開催した懇談会に続いて、出席者有志による会員交流会を開催し、各社の取り組み事例や悩み、課題などを共有するとともに、率直な意見交換を行った。
2月12日:
設立30周年記念国際シンポジウム
設立30周年を記念するシンポジウムを開催し、会員・非会員企業やNGO、各国の大使館関係者など約160名の出席を得た。BSRのアーロン・クレマー プレジデント兼CEOが、サステナビリティをめぐる課題と展望について基調講演を行ったほか、内外のCSR推進機関、企業、NGO、投資家等、CSRに係る様々な分野の関係者が登壇するパネルディスカッションを行い、サステナビリティをめぐる日本企業の取組み状況や世界の最新動向等について議論した。
2月18日:
トム・ブレグマン Future-Fit財団コーポレート・エンゲージメント部長との懇談会
Future-Fit財団のブレグマン コーポレート・エンゲージメント部長より、同財団が開発した社会科学および自然科学的手法によるインパクト評価を行うためのツールである「Future-Fitビジネス・ベンチマーク」の内容や特長、導入に際しての留意点等について説明を聞き、意見交換を行った。
3月2日:
第30回 理事会
会長、副会長、専務理事および常務理事の職務執行状況について、報告が行われた。
3月19日:
第31回 理事会
2020年度の事業計画・収支予算案、入会申込およびに会費規則改正について承認するとともに、2019年度の活動状況等について報告があった。
以上

CBCCのホームページへ