2017年度 調査研究助成・委託事業の概要


2018年5月
環境対策推進財団事務局
(リンク先は全てPDF形式)

1.環境問題全般に関する調査研究助成事業

テーマ研究者名(肩書きは2017年度6月時点)
廃棄物や副産物に含まれるリン資源の活用技術開発の現状、課題および解決の方策に関する調査早稲田大学教授
大竹 久夫
パリ協定等に掲げられた長期目標の意義と削減費用の国際比較地球環境産業技術研究機構(RITE)主席研究員
秋元 圭吾
温暖化対策がマクロ経済や産業に与える影響慶應義塾大学教授
野村 浩二
地球温暖化問題のイノベーションを通じた解決に関する研究キヤノングローバル戦略研究所上席研究員
杉山 大志
民生部門における2030年度の温室効果ガス4割削減に向けた対策の定量的分析大阪大学大学院教授
下田 吉之
資源循環に関する研究立命館大学教授
橋本 征二
CO2削減貢献量の評価・表示・標準化に関する調査・研究工学院大学教授
稲葉 敦

2.環境問題全般に関する調査研究委託事業

テーマ研究者名(肩書きは2017年度6月時点)
再生可能エネルギー導入策の社会的コストの評価電力中央研究所主任研究員
朝野 賢司
生態系や生物多様性の保全を活用した防災・減災と企業活動に関する調査・研究IUCN日本リエゾンオフィスコーディネーター
古田 尚也
国際秩序の変容と気候変動外交への影響電力中央研究所主任研究員
上野 貴弘
カーボンプライシングに関する実証研究日本エネルギー経済研究所研究主幹
小川 順子
以上

経団連のホームページへ