1. トップ
  2. アンケート
  3. 「女性の活躍推進の成果・ビジネスインパクト」に関するアンケートへのご協力のお願い

アンケート 「女性の活躍推進の成果・ビジネスインパクト」に関するアンケートへのご協力のお願い

(政社)発684号
2017年9月8日

各位

一般社団法人 日本経済団体連合会
審議員会副議長/女性の活躍推進委員長
吉田晴乃
女性の活躍推進委員長
柄澤康喜

「女性の活躍推進の成果・ビジネスインパクト」に関する
アンケートへのご協力のお願い

拝啓 ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。
さて、女性の活躍推進委員会では、2014年4月に「女性活躍アクション・プラン」を取りまとめて以来、経済界をあげて女性活躍を推進して参りました。その結果、この数年で各社による取り組みの成果が着実に出つつあります。また、政府においても、4月にスタートした日米両政府による「日米経済対話」において女性活躍が議題に加わるとともに、5月に開催されたG7タオルミーナ・サミットにおいても「ジェンダーに配慮した経済環境のためのG7ロードマップ」が策定されるなど、女性活躍は国際的課題としてより一層の推進が求められております。
そうした中、当委員会では、2月末に派遣した女性エグゼクティブによる米国ミッションの成果などを踏まえ、女性活躍は世界共通の“Emerging Market”であるとの考え方の下、女性活躍を通じた経済成長について、これまでの成果や今後の展望などについての具体的なデータに基づいた検討を進め、年内を目処に提言を取りまとめる予定です。
そこで、本検討の一環として、全会員企業を対象に、標記アンケートを実施いたしたく、各社における女性の活躍推進の具体的な成果等についてご教示いただきたく存じます。また、本調査結果をもとに、「女性の活躍推進の成果・ビジネスインパクトに関する事例集」を作成する予定にしております
ご多忙の折恐縮に存じますが、本調査へのご協力のほど何卒宜しくお願い申しあげます。

敬具

1.調査名称

「女性の活躍推進の成果・ビジネスインパクト」に関するアンケート

2.調査対象

経団連全会員企業

3.調査目的

経団連会員企業における、これまでの女性の活躍推進によって得られた
具体的な成果・ビジネスインパクトの把握

4.回答方法

集計作業効率化の観点から電子媒体でのご回答をお願いいたします。

  1. (1) アンケート調査票のダウンロード
    経団連会員情報管理システム(KISME)よりダウンロードいただくか、下記よりIDとパスワードを入力してアンケート調査票のダウンロードをお願いいたします。
    (別途お知らせしているIDとパスワードが必要です。)

    (注) ダウンロード出来ない場合は下記連絡先までご連絡ください。
    調査票をE-mailにてお送りいたします。

  2. (2) アンケート調査票への記入
    網掛け(黄色)のセルにご記入ください(選択または記述式)。
    * Q3-(3)のご回答に関連するデータや図表、写真などがございましたら、調査票と共にご送付いただけますと幸いです

5.回答期限

9月29日(金)
<標 題>「アンケート回答/貴社名」
<返信先> womenomics@keidanren.or.jp

6.調査結果

ご回答いただいた内容のうち、「Q3-(2)」につきましては、企業の取り組み成果の好事例として、今後作成する事例集で公表させていただく可能性がございますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。その際、事例内容および企業名公表の可否につきましては、改めてご確認いたします。その他の質問へのご回答につきましては、個別の企業名が特定されない形で取りまとめた上で、調査結果を公表させていただきます。(ご回答いただいたデータは、当会の個人情報保護規程に基づき、安全かつ適正に管理いたします。)

【本アンケートに関するご連絡先】

経団連 政治・社会本部 千葉、橋本、大山
TEL: 03-6741-0537(千葉)、0719(橋本)、0622(大山)
E-mail: womenomics@keidanren.or.jp
以上