1. トップ
  2. アンケート
  3. 「2016年度社会貢献活動実績調査」へのご協力のお願い

アンケート 「2016年度社会貢献活動実績調査」へのご協力のお願い

(教C)発377号
2017年6月16日

各位

一般社団法人 日本経済団体連合会
企業行動・CSR委員長
三宅占二
企業行動・CSR委員長/1%クラブ会長
二宮雅也
企業行動・CSR委員長
津賀一宏

「2016年度社会貢献活動実績調査」へのご協力のお願い

拝啓 ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。
企業行動・CSR委員会ならびに1%(ワンパーセント)クラブでは、企業の社会貢献活動に対する社会の関心の高まりを受け、1991年より経団連会員企業と1%クラブ法人会員企業を対象に標記調査を実施しております。毎年、多くの企業の皆様からご回答をいただいており、本調査結果は、企業が社会的責任の一環として自主的に取り組んでいる社会貢献活動について、広く社会の理解を得る上で大変有益なものとなっております。
本年度は、毎年実施の社会貢献活動関連支出額に関する調査のほか、社会貢献活動に関連する社会の動きを踏まえた企業の対応状況についても調査し、委員会でとりまとめの上、10月中を目途に公表する予定です。
つきましては、お忙しいところ誠に恐縮ですが、趣旨ご賢察のうえ、何卒ご協力賜りますようお願い申しあげます。

敬具

1.調査対象

経団連企業会員、1%クラブ法人会員(約1,300社)

2.調査項目

  1. (1) 企業情報:回答企業に関する情報
  2. (2) 支出調査:2016年度の社会貢献関連支出額に関する調査
  3. (3) 特別調査:社会貢献活動をめぐる社会の動きに関する調査
    ※ 本年度は社会貢献活動の取り組み、東京オリンピック・パラリンピック、持続可能な開発目標(SDGs)、東日本大震災、熊本地震からの復興支援に関する調査を実施

3.調査結果

調査結果は委員会でとりまとめのうえ、10月中を目途に調査結果を広く公表。

※ ご提出いただいた回答内容につきましては、事例調査の内容を除き、個別の企業名や支出金額等が明らかになる形では報告・公表いたしません。

4.活用方法

  1. (1) 会員各位の今後の社会貢献活動の参考に供する。
  2. (2) 企業の社会貢献活動を把握し、今後の課題などを明らかにする。
  3. (3) 調査結果をマスコミ、NPO、学生など広く一般に公表し、企業が行う社会貢献活動について理解を得る。

5.回答方法・提出期限

集計作業の効率化の観点から、電子媒体での回答をお願い申しあげます。誠にお手数ですが、調査票ならびに記入要領は、ホームページからダウンロードしていただきたく、よろしくお願いいたします。
セキュリティ設定などによりダウンロードできず、電子メールで調査票の入手を希望される場合は、表題に「実績調査票希望/●●(貴社名)」とご記入の上、以下のアドレスにご連絡いただければ、折り返しお送りいたします。
ご回答は調査票にご入力の上、表題を「2016実績/●●(貴社名)」とした電子メールにて、8月2日(水)までに以下のアドレス宛にご返送ください。

こちらからダウンロードをお願いいたします。
(別途お知らせしているIDとパスワードが必要です。)

回答先メールアドレス: syakou@keidanren.or.jp
(表題を「2016実績/●●(貴社名)」)
回答締切日: 8月2日(水)

6.データの取扱い

ご回答いただいたデータは、当会の個人情報保護規程に基づき、安全かつ適正に管理いたします。

※ 集計業務を円滑に進めるために、業務の一部を委託することがあります。業務委託にあたっては、委託先を監督することにより、提供した情報が受託の目的に限り、安全かつ適正に利用されるように努めます。

[本件に関するご連絡先]

経団連 教育・CSR本部  萬屋(よろずや)、漆間、長沢
住所: 〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
電話: 03-6741-0154
FAX: 03-6741-0352
URL: http://www.keidanren.or.jp/1p-club/
E-mail: syakou@keidanren.or.jp
以上