[ 日本経団連 | 1%クラブ ]
社会貢献活動のポータル

1%クラブニュース インフォメーション

(2008年7月号 No.91)
日本経団連1%クラブ事務局

… 1%クラブ寄付対象リスト登録団体

〜イベントのご案内〜

【国際交流】
講演とワークショップ
「TAAA南アフリカ帰国報告会」開催
〜学校菜園プロジェクトと図書普及活動〜

アジア・アフリカと共に歩む会(TAAA)

TAAAは日本国内で不要になった英語の本や辞書などを集めたり、廃車した移動図書館車を再整備したりして、南アフリカ共和国の教育制度が整っていない地域の学校や識字学級に送ったり、現地での移動図書館の運行の支援を行っている団体です。
このたびTAAA南アフリカ事務所代表の一時帰国に併せ、南アフリカの現状を伝える報告会、懇親会を開催します。ぜひご参加ください。

日時7月6日(日)14:00〜16:30(17:00〜懇親会)
場所埼玉県労働会館3階 第8会議室
(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-24-13)
内容 【1部】 講演 平林薫(TAAA南ア事務所代表)
  • 学校菜園プロジェクトの成果と問題点
  • 本や本棚の配付による現地の反応
【2部】 グループ討議
  • 南アフリカと私たちを結ぶもの
  • 日本の私たちにできること
参加費500円(報告会のみ、懇親会費別)
問合せ・申込先TAAA(野田)
 TEL: 048-832-8271
 E-Mail: cnoda01@mc.ejnet.ne.jp
 URL: http://www.taaa.jp/
「環境ボランティア見本市2008」参加者募集
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)

GEICでは、環境ボランティアをはじめてみようというすべての方を対象にした「環境ボランティア見本市」を開催します。NPOの出展ブースでは、各団体の活動紹介や個別相談を受け付けます。
今年度は、セールスフォース・ドットコムファンデーションの遠藤理恵氏と東京ボランティア市民活動センターの近江信孝氏をゲストに招いての「企業とNPOのマッチングセミナー」や、ボランティア希望者、団体のスタッフ、ボランティアを紹介する立場の方等がじっくりと語り合う「車座トーク」、そのほか楽しい懇親会を催します。ぜひご参加ください。

日時7月12日(土) 13:00〜17:00
場所地球環境パートナーシッププラザ
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)
参加費無料 ※懇親会費500円(希望者のみ)
定員100名 (先着順)
申込方法E-Mailにて、件名に「7月12日(土)の環境ボランティア見本市に参加」、本文に(1)氏名(2)所属(3)連絡先(E-Mail、TEL)(4)懇親会参加の可否を記入の上、お申込みください。
問合せ・申込先GEIC(須藤)
 TEL: 03-3407-8107  FAX: 03-3407-8164
 E-Mail: vol2008@geic.or.jp
 URL: http://www.geic.or.jp/geic/
トヨタ芸術環境KAIZENプロジェクト
公開プレゼンテーション大会開催のご案内

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車と(社)企業メセナ協議会が連携し実施する、芸術文化活動助成プログラム「トヨタ芸術環境KAIZENプロジェクト」の公開プレゼンテーション大会(最終選考会)を開催します。
このプロジェクトは、アートマネジメントの現場に山積する課題を解決するため、改善案を公募、選考し、実現します。今回の大会では、79件の応募から第一次選考で選ばれた5組によるプレゼンテーションを実施し、審査員5名と一般オーディエンスによる投票により、助成対象者3組を決定します。3件には助成金(50万円)を授与し、1年以内に改善案を実現し、課題の改善を図ってもらいます。実現過程と結果はトヨタが運営するアートマネジメント総合情報サイト「ネットTAM http://nettam.jp/」にて広く一般に公開し、サポートします。
ご来場いただきKAIZENに力を貸してください。
<専用サイト> http://nettam.jp/kaizen/

日時7月12日(土) 13:00〜17:00
場所トヨタ自動車(株)東京本社
(東京都文京区後楽1-4-18)
参加費1,000円(企画団体の支援金として)
締切7月4日(金) ※当日消印有効
定員200名 ※定員になり次第締切
申込方法専用サイトにてご確認ください。
問合せ先トヨタ自動車 社会貢献推進部 宇野・太谷
 TEL: 03-3817-9149
第49回「丸の内市民環境フォーラム」
マングローブ林の機能
〜津波災害軽減と二酸化炭素吸収源の機能を果たせるか?〜

東京海上日動火災保険株式会社
三菱商事株式会社
株式会社日本航空

2004年12月に発生したスマトラ沖大地震およびインド洋津波は、未曾有の被害をもたらした一方、海岸防災林が津波災害軽減させたとして、マングローブ林の重要さを再認識させられた機会でもありました。加えて、温暖化の原因といわれる二酸化炭素の吸収機能についても、マングローブ林は、想像以上の可能性を秘めています。
そこで、国立大学法人琉球大学熱帯生物圏研究センターの馬場繁幸教授(農学博士)を招き、津波災害軽減と二酸化炭素吸収源とした機能に焦点を当てたマングローブ林の機能や特徴を探ります。

日時7月18日(金) 18:30〜20:00(18:00開場)
場所東京海上日動ビル 新館15階 大会議室
(東京都千代田区丸の内1-2-1)
参加費無料
定員300名 (申込多数の場合は抽選)
申込方法往復ハガキに、(1)住所(2)氏名(2名まで可)(3)年齢(4)職業をご記入の上、下記までお申込み下さい。
締切7月3日(木)必着
問合せ・申込先〒100-8050 東京都千代田区丸の内1-2-1
東京海上日動火災保険(株) 経営企画部CSR室
 第49回丸の内市民環境フォーラム事務局K係
 TEL: 03-3285-0274
【国際協力】
中学生・高校生フォーラム 〜 We can 国際協力 〜
特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会

シャプラニールでは、中学生・高校生を対象にした宿泊型の国際協力フォーラムを開催します。NGOの活動紹介や国際協力についてのゲームやワークショップ、グループ討論やエスニック料理の実習などを通じて普段の学校生活ではできない経験や新しい出会いを提供します。
http://www.shaplaneer.org/youth08/index.htm

日程
(A)8月8日(金)〜10日(日)(2泊3日)
締切: 7月25日(金) ※定員になり次第締切
(B)8月26日(火)〜28日(木)(2泊3日)
締切: 8月12日(火) ※定員になり次第締切
※各日程とも内容は同じです。
場所国際協力機構(JICA)地球ひろば
(東京都渋谷区広尾)
募集対象中学生、高校生
参加費10,000円 (宿泊費、食費、資料代含む)
募集人数A日程、B日程とも各20名
申込方法ホームページをご覧ください。
申込み・問合せ先シャプラニール=市民による海外協力の会
「中学生・高校生フォーラム」係
 TEL: 03-3202-7863  FAX: 03-3202-4593
 E-Mail: info@shaplaneer.org
【社会福祉】
第6回本間一夫記念
日本点字図書館チャリティコンサート
和波たかよし Violin Recital

社会福祉法人 日本点字図書館

日本点字図書館では、日本を代表するヴァイオリニストの一人、和波孝よし(ネへんに喜)さんを迎えて、チャリティコンサートを開催します。20年を超える「アフタヌーンコンサート」でも定評のあるトークと、円熟味溢れる演奏をお楽しみください。ご家族、ご友人お誘いあわせの上、多数ご来場ください。収益は当法人の運営費の一部に充てられます。
http://www.nittento.or.jp/INFO/C_con0810.htm

日時10月11日(土) 14:00開演(13:30開場)
場所東京文化会館小ホール
(東京都台東区上野公園5-45)
チケット代4,000円(全自由席)
プログラム
  • タルティーニ(クライスラー編曲) ヴァイオリンソナタ ト短調「悪魔のトリル」
  • ブラームス ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 イ長調 op.100
  • ブラームス スケルツォ ハ短調(FAEソナタより)
  • フランク ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調
  • クライスラー 小品集 (愛の喜び 他)
※やむを得ず曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
また、児童、未就学児はご遠慮ください。
問合せ・申込先日本点字図書館 庶務課
 TEL: 03-3209-0241

〜ご協力のお願い〜

青い羽根 その一本が 救いの手
「青い羽根募金」ご協力のお願い

社団法人 日本水難救済会

日本水難救済会は、海で遭難した人々を救助するボランティアが所属する団体を支援しています。現在、全国の沿岸に702カ所の救難所および533カ所の救難支所を設置して、約56,000人のボランティアの救難所員が、海難発生時には仕事を中断して身の危険をも顧みず救助のため活動しています。明治22年の設立以来、119年の間に約193,000人の人命、約38,000隻の船舶を救助し、2007年は367名の人命、147隻の船舶を救助することができました。
海難救助活動は、厳しい自然環境の中で行われることが多いため、組織的な訓練、各種の救助器材、そして救助船の燃料などが必要となってきますが、その活動資金の安定確保が大変難しい状況です。このため、これらの経費に充てるために「青い羽根募金」を行います。「海の日」を中心とする7、8月を「強調運動期間」とし、全国的に募金活動を展開します。集まった寄付金は、青い羽根運営協議会の審議を経て、救難所員の活動を支えるための経費として計画的に活用しています。
海の犠牲者皆無を目指し活動している日本水難救済会へのご理解とご支援をお願いします。

問合せ先日本水難救済会
 TEL: 03-3222-8066
 URL: http://www.mrj.or.jp/


お待たせしました!
社会貢献担当者必携の一冊
いよいよ7月2日発刊

CSR時代の社会貢献活動

−企業の現場から−

編著 日本経団連社会貢献推進委員会
発行 日本経団連出版(2008年7月)
価格 1,365円(税込・送料別)

より良い社会を実現し、企業の永続性をはかるために、いま、企業の社会貢献活動はどのような役割を担うべきなのか。各社実務担当者の報告による実践的な情報を満載したハンドブック

《目次》
I.社会貢献活動の基本的考え方
企業の社会貢献活動/CSRとの関係/本業との関係
II.社会貢献を推進するための体制づくり
社会貢献活動を立ち上げるには/社会貢献担当の専門部署の役割/グループ会社の連携/企業財団との効果的な役割分担
III.社会貢献活動の形態
活動の範囲と形態の種類/寄付/自主プログラム/従業員の社会参加支援
IV.社会貢献を推進する上での課題
ステークホルダーとのコミュニケーション/社会貢献活動の評価/広報・企業コミュニケーションとの関係/NPOとの協働
V.社会貢献活動の対象分野
社会福祉/健康・医学/スポーツ/学術・研究/教育・社会教育/文化・芸術/環境/史跡・伝統文化保存/地域社会の活動/国際交流・協力/災害被災地支援/防災まちづくり支援/人権/NPOの基盤強化
VI.4つの新たな視点
次世代育成/ソーシャル・インクルージョン(社会的包括)の実現/ヒューマン・セキュリティ(人間の安全保障)への取り組み強化/社会起業家精神の醸成
参考資料
社会貢献用語集/社会貢献関係機関/社会貢献推進委員会における最近の懇談テーマと講師

ご注文・問合せ先
日本経団連出版
TEL: 03-5204-1922  FAX:03-5204-1945
http://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/public/book/index.php?fl=1

1%クラブのホームページへ