UWC日本協会

UWCのプロジェクト


UWC(United World Colleges)は、世界各国から選抜・派遣された生徒(日本の場合は高校生)を中等教育期間終了前の2年間受け入れ、国際感覚豊かな人材を育成することを使命としている。

UWCの本部はロンドンにあり、その運営は常任理事会(UWC Executive Board)があたっている。国際理事会(UWC International Board of Directors)と5年毎に開催される国際評議員会(International Council)は、UWCの運営について助言を行っている。

UWCの最初のカレッジは、1962年にイギリスに開設したアトランティック・カレッジである。その後、ピアソン・カレッジ(カナダ:1974年)、東南アジア・カレッジ(シンガポ−ル:1975年)、南部アフリカ・カレッジ(スワジランド:1981年)、アドリアティック・カレッジ(イタリア:1982年)、USAカレッジ(アメリカ:1982年)、シモン・ボリバル農業専門カレッジ(ベネズエラ:1988年)、リ・ポ・チュン・カレッジ(香港:1992年)、レッド・クロス・ノルディック・カレッジ(ノルウェー:1995年)、マヒンドラ・カレッジ(インド:1997年)、コスタリカ・カレッジ(コスタリカ:2006年)、モスタル・カレッジ(ボスニア・ヘルツェゴビナ:2007年)、マーストリヒト・カレッジ(オランダ:2009年)、ロバート・ボッシュ・カレッジ(ドイツ:2014年)、ディリジャン・カレッジ(アルメニア:2014年)、チャイナ・カレッジ(中国:2015年)が開設された。カレッジでは、60〜70カ国の生徒約200名が寮で共同生活を送るとともに、勉学やスポーツに勤しんでいる。

UWCは今後も世界各地にカレッジを開設していく計画をもっている。UWCは国際感覚豊かな有能な人材を多数養成しており、国際的な相互理解という点でも大きな貢献を行っている。


日本語のホームページへ