1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 帝国ホテル

月刊 経団連 新会員紹介 帝国ホテル

資本金 14億8,500万円
設立 1890年11月3日
従業員数 1,919名(2012年3月末現在)
本社所在地 〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1
事業内容 ホテル業、不動産業
URL http://www.imperialhotel.co.jp/

帝国ホテルは1890年に「日本の迎賓館」として誕生した。そこには、欧米列強に伍すべく努力を続ける近代日本において、海外賓客を遇する施設を必要とする国の要請に応えるという背景があった。以来、120余年にわたり同じ名称、同じ場所、同じ業態で変わらぬ営みを続け、日本近代史におけるさまざまな大イベントの舞台を提供しつつ、新たな文化の発信者として歩んできた。

1923年、ライト館竣工と同時にスタートした「ショッピングアーケード」、1958年にオープンしたブフェレストランの代名詞「バイキング」、今では当たり前となったホテルでの結婚式などは当社が始めた代表的なサービスである。

1933年には、日本初の本格的山岳リゾートとして上高地帝国ホテルを開業した。北アルプスの山々を背景に日常の喧騒を離れ、自然と優雅にふれあい、荘厳なやすらぎの空間を提供している。

1996年には大阪に進出し、周辺に日本有数の桜の名所や豊かな川の流れを携え、都市ホテルとしての機能とサービスを有しながら、リゾートホテルのくつろぎを融合させた新しいタイプのシティホテルとして、帝国ホテルらしさを追求している。

2009年にはハワイの名門ホテル「ハレクラニ」とその姉妹ホテル「ワイキキパークホテル」の予約業務受託契約を結び、相互にブランド力の向上を図るとともに、顧客層の拡大と営業力の強化を図った。

帝国ホテルは、伝統を基盤としながら、時代の要請を見極め、常に挑戦を繰り返しながら、新たなサービスの提供と、お客様の感動創造に努めている。

「熱意」に満ちた現場力で世界に帝国ホテルブランドを発信


小林哲也
帝国ホテル 社長

おかげさまで今年開業122年目を迎えますが、「日本の迎賓館」として開業した創業の原点を忘れることなく、日々謙虚にお客様との「一瞬」を大切に積み重ねております。
昨年の大震災は、私どもの業界にも過去に例のない厳しい状況をもたらしましたが、あらためてホテルの持つ「社会性」「公共性」を見直すこととなり、従業員一人ひとりの現場力で、苦しいからこそ生まれた新たな価値がありました。
今月には、東京での開催は48年ぶりとなる国際通貨基金・世界銀行年次総会が、帝国ホテルと東京国際フォーラムをメイン会場として開催されます。これは大変名誉なことでありチャンスでもあります。
日本が、名実共に安全な国であることを世界にアピールし、観光立国として、あらゆる面で大震災前をしのぐ日が来るよう、熱意に満ちた現場力で、いつの時代も世界に誇れる「おもてなしの心」を発信し続けたいと思っております。

「2012年10月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら