1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ソーバル

月刊 経団連 新会員紹介 ソーバル

資本金 2億1,200万円
設立 1983年1月
従業員数 単体832名、連結914名(2012年9月4日現在)
本社所在地 〒146-0092 東京都大田区下丸子3-25-14 ソーバルビル
事業内容 エンジニアリング事業(特定派遣形態、業務請負形態)、その他事業(RFID事業、インターネット関連事業)
URL http://www.sobal.co.jp/

当社は1983年の創業以来、IT分野の技術革新とその蓄積を続け、業容拡大に合わせて技術面だけではなく、人間性や社会性も大切に事業を築いてきた。一貫したセキュリティー対策や、内部統制の徹底、優れたヒューマンスキルといった面でもお客様から高い信頼をいただいている組み込みシステム開発企業である。

主体のエンジニアリング事業では、ファームウエア、ソフトウエア、ならびにハードウエアの開発と、品質の評価に関するサービスを提供している。コンシューマー向けのデジタル製品から特殊分野で用いられる装置まで多岐にわたる展開をしており、マイクロコンピューターやセンサー等を制御するICチップの開発のみならず、業務系およびウェブ系のアプリケーション開発にも携わっている。また、組み込みソフト開発で培った技術を基盤とした、コンサルテーションも行っている。これらのサービスを特定人材派遣と業務請負の形態で提供している。

エンジニアリング事業の成長を確保し充実させながら、RFID(注)分野における製品の開発、製造、販売およびソリューションの提供とインターネット関連事業への取り組みにも力を入れ、ユーザーニーズに応じたビジネスと販路の拡大を進めている。

財務面では、無借金経営の強固な財務体質を維持しているが、今後もすべての企業活動における、コンプライアンスの遵守と公正な行動で、企業価値の向上を目指していく。

(注)RFID(Radio Frequency Identification):電波および電磁誘導方式を用いた非接触型の自動認識技術

技術で社会に貢献する企業を目指して


推津順一
ソーバル 社長

当社は「技術で社会に貢献する」を基本理念に掲げ、かつ「企業にとって、最大の資源は人材である」との考えをもとに、「人」を根幹に据えた事業戦略を進めてまいりました。高い意識と技術を持つ人材が、充実した環境で働くことが価値あるテクノロジーを生み出す近道だと考え、仕事とプライベートのバランスを大切にする社風の構築にも力を注いでおります。
これからも引き続き、ステークホルダーの皆様に愛される企業、貢献できる企業となるべく成長し、企業価値を最大限に高めていく所存であります。
経団連会員の皆様には、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2013年2月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら