1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. デジタルアーツ

月刊 経団連 新会員紹介 デジタルアーツ

資本金 7億1,359万262円(2012年12月31日現在)
設立 1995年6月
従業員数 210名(2012年12月31日現在)
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー14F
事業内容 インターネットセキュリティー関連ソフトウェアおよびアプライアンス製品の企画・開発・販売
URL http://www.daj.jp/

当社は、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を理念として掲げ、インターネットがまだ黎明期だった1995年より、企業・公共や家庭向けのウェブおよびメールフィルタリングソフト製品やファイルの暗号化ソフト製品を柱とした情報セキュリティー事業を展開している。

企業・公共向け主力製品であるウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」は、インターネット閲覧の制御だけでなく、近年社会問題となっている外部からの標的型サイバー攻撃に対応したもので、出口で情報漏えいを阻止できる機能が評価を受けている。また、第三者機関によるウェブフィルタリング精度調査、市場シェアおよび顧客満足度調査においても他社に比して高い評価をいただいている。

家庭用主力製品「i-フィルター」は、パソコン、スマートフォン、ゲーム機、テレビ等、インターネットに接続できるあらゆる機器に対応し、日本PTA全国協議会の推奨製品に認定されている。インターネットの活用能力が身に付く前の未成年者はトラブルに巻き込まれやすいが、保護者が見せてよいサイト・見せたくないサイトを設定することによって、より安全なインターネット環境を提供することができる。また、未成年者のフィルタリングについて行政との意見交換や啓発イベントへの協力も積極的に行うほか、スマートフォンの急速な普及に対応を急ぐ携帯電話会社へも技術協力を行っている。

今後も、当社は国内初のウェブフィルタリングメーカーとして培った豊富なデータベースやノウハウを核に、既存製品のクラウド化およびモバイル化への対応に加え、時代の最先端を行く製品開発に力を注ぎ、海外市場にも挑戦していきたい。

日本の情報セキュリティーメーカーから世界へ


道具登志夫
デジタルアーツ 社長

当社は1995年の創業以来、すべてのお客様のインターネットライフにおいて、安心、安全を提供したいという思いで、日々、最新の情報セキュリティーとは何かを考え、製品開発にいそしんでおります。
21世紀に入り、インターネットは重要なインフラとなりましたが、新種のウイルスによる脅威や企業の機密情報を狙ったサイバー攻撃、個人情報搾取を目的としたフィッシングサイトが乱立し、企業だけでなく家庭においても日常的に脅威にさらされるようになりました。こうした状況のなか、私たちは情報セキュリティーメーカーとして求められる製品をいち早く世に送り出し、日本国内にとどまらず海外市場においても、より快適で安全なインターネット環境をご提供することで社会に貢献してまいりたいと考えております。
経団連会員の皆様には、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2013年4月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら