1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. サニーサイドアップ

月刊 経団連 新会員紹介 サニーサイドアップ

資本金 4億5,300万円
設立 1985年7月1日
従業員数 134名(2014年6月末現在)
本社所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル7階
事業内容 企業PR&プロモーション事業、スポーツマーケティング事業、SP&マーチャンダイジング事業、飲食ブランド企画運営事業、キャスティング&コンテンツ開発事業 ほか
URL http://www.ssu.co.jp/

当社は1985年に創業した。多くのPR会社が企業のPR代行業務を主とするなかで、業務で培ったニュースをつくるノウハウを活かせないかとの発想から、1991年のトライアスロン選手のマネジメントもきっかけとなり、スポーツマネジメント業に進出した。

以来、多くの選手とかかわるなかで、一例として、中田英寿氏(サッカー)とはブランディングやスポンサー契約、海外移籍のサポート、個人メディアの開発などを通じ、人の輝きをつくるスキームを確立している。2003年の中田氏の東ハト執行役員就任は、再生途上の企業にスポーツ選手が貢献した初めてのケースとして話題となった。また、北島康介氏(水泳)を通じては、競技人口を支えるためのオリンピック選手の価値向上や環境づくり、経済的基盤確立のサポートを行うなど、その領域も選手個人から、各種プロスポーツ団体や地域との連携まで拡大している。最近は、ロンドンオリンピックでのジャパンPRや東京招致ムーブメント創生を手掛け、2020年をにらんだ新たな役割も期待されている。

無論、スポーツ以外のジャンルでも企業PRやセールスプロモーション、エンターテインメントなど多岐にわたる事業を展開している。パンケーキブームの火付け役となったレストラン「bills」は、まさに当社のPR的発想による事業創出であり、今後もブームをつくる視点とノウハウを持った「創造型PR商社」として、企業や事業が輝きを増すためのサポートを続けていく。

「たのしいさわぎをおこしたい」で走り続けた30年


次原悦子
サニーサイドアップ 社長

当社は「何の会社ですか」と聞かれてもシンプルに答えられない、いくつもの顔を持っております。ただ一つ言えるのはニュースをつくる会社として、常に世の中を、人の気持ちを明るくすることが使命だと考えてまいりました。新しい試みでなければニュースにはなりません。ですから私たちは「普通じゃ面白くない」「世の中を驚かせてみたい」という思いでチャレンジを続けてまいりました。「たのしいさわぎをおこしたい」はそんな私たちのスローガンです。当社は今年で30周年を迎えます。日本経済を支えてきた諸先輩企業に比べれば「ひよっこ」ですが、好奇心と勇気でアイデアを紡いできた会社があることを、皆様方の心にとめていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

「2015年6月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら