1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. タカラレーベン

月刊 経団連 新会員紹介 タカラレーベン

資本金 48億1,980万円
設立 1972年9月
従業員数 262名(2015年3月31日現在)
本社所在地 〒163-0226 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル26階
事業内容 自社ブランドマンション「レーベン」および一戸建新築分譲住宅の企画・開発ならびに販売等
URL http://www.leben.co.jp/

当社は、首都圏郊外を中心に、新築分譲マンションおよび一戸建て分譲住宅の企画・販売を手がけている。「誰もが無理なく安心して購入できる理想の住まい」をコンセプトとしており、メインの顧客層は一次取得者やファミリー層が中心である。当社商品の最大の特徴は、太陽光発電である。2010年に埼玉県和光市で、首都圏初の戸別売電可能な太陽光発電マンション「レーベンハイム光が丘公園」を販売した。お財布と地球に優しい点がお客様に喜ばれ、4年連続で太陽光マンション供給実績全国第1位を誇っている。

また近年では、東北や北陸、四国など地方にも事業を展開している。各地の自治体や地権者と協力して、アクティブシニア層にもターゲットを広げた分譲マンション事業を展開することで、地方都市活性化の一翼を担っている。

このほか、マンションや戸建事業のみならず、2012年に社会貢献の一環としてメガソーラー発電事業に参入した。2015年3月末時点で、全国で11施設、約16MWの発電所が稼働中であり、将来は130MWへの拡大を目指している。2014年よりゴルフコースを有効活用した大規模太陽光発電所にも着手し、来年の3月には当社最大規模の19.8MWの発電所の稼働を予定している。

今後、当社はフロービジネスの取り組みだけではなく、ストックビジネス、フィービジネスをより拡大させ、グループ各社がそれぞれの役割を果たし、成長させていくことによって、タカラレーベングループ全体のさらなる強化を図る。

信頼される不動産デベロッパーとして


島田和一
タカラレーベン 社長

当社は、1972年に設立し、不動産の総合デペロッパーとして、来年で45年目を迎えます。これもひとえに、皆様のご支援とご指導の賜物と、深く感謝しております。
これまで、当社の創業以来の理念であります「誰もが無理なく安心して購入できる理想の住まい」を提供し、お客様の夢の実現をお手伝いしてまいりました。今後も変わることなく、皆様に心から喜んでいただける住まいを提供していく所存です。また、タカラレーベングループ全体の取り組みでは、各社それぞれが自立した事業基盤を発展、確立し、グループ一丸となってさらなる企業価値の向上に努めてまいります。
経団連会員の皆様には、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

「2015年8月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら