1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ニッキ

月刊 経団連 新会員紹介 ニッキ

資本金 5億円
設立 1932年2月
従業員数 263名(2015年3月31日現在)
本社所在地 〒243-0801 神奈川県厚木市上依知3029
事業内容 LPG、CNG燃料供給システムの設計・開発および関連機器の製造。自動車用燃料関連デバイス、自動車エンジン用気化器、船舶・小型エンジン用気化器および燃料関連デバイスの設計・開発および製造
URL http://www.nikkinet.co.jp/

当社は、日本気化器製作所として1932年に設立され、わが国唯一の気化器専門工場として発足した。設立当初は、自動車用のみならず、高度な技術が必要な航空機エンジン用気化器の開発も手がけていた。

現在は自動車(バス、トラックを含む)および汎用エンジンへ各種燃料を供給するシステム部品の開発・設計・製造を行っている。特に最近では、環境性能に優れた代替エネルギーとして普及しつつあるガス燃料(LPG、CNG)を中心に、環境に適したクリーンなエンジンシステム製品開発に取り組んでいる。

また、当社は電子制御ユニットのソフトおよびハードの開発・製造も行っており、燃料供給部品と組み合わせた専焼ガスエンジンおよびガソリン・ガスのBi-Fuelエンジンの燃料供給システムを供給している。

このように、お客様のシステム構成やニーズにあわせたソフトウェアおよびハードの電子制御ユニットの開発を行えることが当社の強みであり、モデルベース制御により高度なエンジン制御の実現を可能としている。

当社の品質方針は、「お客様の満足と信頼に応えるため、品質最優先に徹した商品とサービスを提供する」ことであり、環境面においては、地球規模の環境保全が最重要課題の一つであることを強く認識し、すべての企業活動を通して、環境負荷低減に積極的に取り組んでいる。

燃料供給システムを通じた国際社会への貢献


和田 孝
ニッキ 社長

当社は、創業以来80年以上にわたり、エンジンの燃料供給システムの設計・開発を中心とした事業を展開してまいりました。この歴史と伝統、経験と技術に基づき、多様化するエネルギー資源の有効活用と環境保全に配慮した燃料供給システムの製造・開発を進展させ、国際社会に貢献したいと考えております。
品質、性能の向上だけでなく、グローバルなステージでのお客様とのコミュニケーションの実践や深化を通じ、商品とサービスについても付加価値を高めてまいります。同時に、役職員一同のたゆまぬ挑戦により、一人ひとりが成長したいと考えております。
経団連会員の皆様にはご指導ご鞭撻を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2016年2月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら