1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 大栄環境株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 大栄環境株式会社

(PDF版はこちら
資本金 9,000万円 (グループ連結:8億1,120万円)
設立 1979年10月
従業員数 単体741名、グループ1400名 (2015年4月30日現在)
本社所在地 〒594-1144 大阪府和泉市テクノステージ2-3-28
事業内容 環境ソリューション事業(廃棄物の収集運搬・処理処分業、各種リサイクル法への対応・コンサルティングほか)
URL http://www.dinsgr.co.jp/

当社は、大栄環境ホールディングスの中核企業として、100%同一資本会社18社で大栄環境グループを構成し、パートナー企業との合弁会社9社で、近畿圏および中部圏23拠点で再資源化を重視した事業展開を行っている。1979年の創業以来、「持続型資源循環社会」を目指し、各リサイクル法に対応する設備投資を行うとともに環境技術を磨き、業界トップクラスの処理能力を備えている。主要な施設では一般廃棄物を取り扱う許可も有しており、自治体からの処理委託やリサイクル業務の受託を通じ、産業や人々の暮らしを支える都市インフラとしての役割を担っている。

2014年度にスタートした第6次経営計画の目標に掲げた「2018年度売上高500億円、経常利益50億円」は2015年度に達成し、2016年度より第7次経営計画に移行した。第7次計画では、「2020年度売上高700億円、経常利益70億円」の目標を設定し、強固な財務基盤を構築するとともに、目先の利益にとらわれない投資を引き続き積極的に行っていく。その一つが森林保全事業であり、CO2の固定・水源かん養・生物多様性等の多機能性を有する森林を保有し、環境づくりを推進する。そのほかにも、資源循環の革新など4つの施策を掲げ、創業から100年を見据えた事業基盤を構築し、経営ビジョンである「事業の永続性を高め、環境創造企業として進化する」をより確かなものにしていく。

静脈ライフラインを守り、環境づくりを進める


金子文雄
大栄環境 社長

廃棄物の処理・リサイクルは、電気・ガス・水道と同じく、社会に欠かせないライフラインです。当社グループは、そのライフラインを守り、社会基盤を支える事業を担っていると自負しています。2016年3月には、国内で8000haの森林を保有する会社をグループに迎え入れ、森林保全事業に参入しました。資源循環と森林保全の両面から長期的な視野に立って「環境づくり」を進めてまいります。
また、世界中で環境問題に関心が集まるなか、解決に向けた技術、スキームを開発・発信していくことが、わが国に求められていると感じています。経団連会員の皆様のご指導、ご鞭撻を賜りながら、この課題に取り組んでいく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

「2016年7月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら