1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 日本エンタープライズ株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 日本エンタープライズ株式会社

(PDF版はこちら
資本金 11億169万円
設立 1989年5月
従業員数 201名(連結。2015年5月31日現在)
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-8
事業内容 コンテンツサービス事業ならびに企業向けICTソリューション事業
URL http://www.nihon-e.co.jp/

当社グループは、モバイルインターネット黎明期から、コンテンツプロバイダーとしてエンタメ系から情報系までさまざまなジャンルで情報・サービス事業を創造し、お客様の暮らしを豊かに彩り、毎日の生活に役立つコンテンツを配信してきた。昨今のICTの発展を踏まえつつ事業内容を拡充し、コンテンツサービス事業とソリューション事業を展開している。

コンテンツサービス事業では、ヘルスケアアプリ、交通情報サービス、ゲーム、メッセンジャー、電子書籍などの人気コンテンツを配信している。一方、ソリューション事業では、自社コンテンツ運営で培ったノウハウを強みにアプリ・システムの受託開発を行うほか、企業のモバイル活用や業務効率化を支援するソリューションやパッケージアプリならびにモバイルを中心とした広告代理サービスを開発・提供している。

なかでも、社内の情報伝達に最適な法人向けメッセンジャーアプリ「BizTalk」、スマホアプリで内線電話網を構築する「AplosOne」などのパッケージサービス、また社員向け教育クラウド「eマナビー」、観光促進・少子化対策により地方創生を促進するクラウドサービスは好評である。企業・団体によるICT活用、とりわけスマホ導入の拡大や、新たなセキュリティー対策、クラウドコンピューティングへの取り組みの本格化といった時代の潮流に即応したものと評価いただいた結果である。

グループ事業戦略のもと、スマートコミュニティー、3D・VR、ロボット、HEMS、ドローンなど成長分野への事業展開も積極的に進めていく。

豊かな発想と確かな技術の錬磨を続け社会に貢献する


植田勝典
日本エンタープライズ 社長

私は「社業を通じて社会のお役に立ちたい」一念から当社を起業いたしました。以来、「我々は商人たるの本分に徹しその活動を通じ社会に貢献し、文化の進展に寄与することを我々の真の目的とする」という企業理念にのっとり、モバイルコンテンツおよびICTソリューションを柱に事業を展開してまいりました。技術革新の目まぐるしいIT業界において、豊かな発想と確かな技術の錬磨を続けながら、国内11社、海外4社のグループ企業が一致団結して「次なる感動」を創造し、お客様満足度ナンバーワンカンパニーとなることを目指してまいります。そして、今後は日本経済団体連合会の一員として、ICTによる経済成長の加速化に力を尽くしてまいる所存です。

「2016年8月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら