1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 東鉄工業株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 東鉄工業株式会社

(PDF版はこちら
資本金 28億1,000万円
設立 1943年7月7日
従業員数 単体1,616名、グループ1,781名 (2017年3月31日現在)
本社所在地 〒160-8589 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル4F
事業内容 総合建設業(線路事業、土木事業、建築事業)、その他事業(環境事業、不動産賃貸事業等)
URL http://www.totetsu.co.jp/

当社は、1943年に鉄道の保持・強化を目的に、当時の鉄道省の要請により国策会社「東京鐡道工業」として設立され、今年で創業74年を迎える総合建設会社である。

当社が他の総合建設会社と大きく異なる点は、その発足経緯からもわかるとおり、鉄道関連工事の専門技術をコアコンピタンスとし、高い専門的技術力と安定した受注の強みを活かし、線路、土木、建築、環境等、バランスの取れた各事業構造のもと、建設業界に専門プロ集団として独自の地歩を築いていることである。

線路事業部門では、JR東日本をはじめとする軌道メンテナンス工事や、高性能な大型保線機械の稼働力など、質・量ともにわが国「ナンバーワン」の実績を誇る。また、線路、土木、建築のコア3事業部門においては、鉄道関連、耐震、防災、リニューアル・メンテナンスなど、当社独自の高い専門性と強みを最大限に活かしている。これに環境事業を加えた4事業部門が相互にバランスよくシナジー効果を発揮し、ユニークで先進的なビジネスモデルにより、「オンリーワン」の東鉄工業を目指している。

当社は今後とも「安全はすべてに優先する」の経営理念のもと、鉄道関連工事のリーディングカンパニーとして、「安全で快適な交通ネットワークと社会基盤の創造」に貢献し、『誠実で☆キラリと光る☆ナンバーワン&オンリーワン』を目指していく所存である。

鉄道関連工事のリーディングカンパニーとして


柳下尚道
東鉄工業 社長

東鉄工業グループは、創業以来一貫して、鉄道専門技術の特性を活かした総合建設業として、安全で快適な交通ネットワークと社会基盤の創造に貢献すべく、取り組んでまいりました。
現在、当社グループでは、2015~2018年における中期経営計画『東鉄3D Step2018』を推進中であります。社会やお客様の安全、安心、安定、快適、品質などのさまざまなニーズに的確にお応えし、当社の社会的使命をしっかりと果たすこと、そして『「量」(成長戦略)と「質」(クオリティー戦略)のベストバランス』により、「持続的な企業価値の向上」を図ることを目指し、その基本戦略である『3D戦略』に取り組んでいるところであります。
経団連会員の皆様には、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2017年5月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら