1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 京西テクノス株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 京西テクノス株式会社

(PDF版はこちら
資本金 4,000万円
設立 2002年2月
従業員数 300名(2017年4月1日現在)
本社所在地 〒206-0041 東京都多摩市愛宕4-25-2
事業内容 計測器/医療機器/通信機器/環境エネルギー分野における設計・評価・製造・修理・校正・ネットワーク設計・構築・運用管理・システム運用管理
URL http://www.kyosaitec.co.jp/

当社は1946年にグループの祖となる京西電機を現代表者の祖父が創業し、計測器等の製造、電子部品の基板実装を主力としていたが、2000年に計測器修理事業部門を独立させ、2002年に京西クリエイト(現在の京西テクノス)を設立した。当社は、医療機器の保守、24時間365日のコールサポート、また、メーカーサポートの終了した電子機器の修理等の延命ビジネス、さらにはネットワークやサーバーの設計構築、保守・運用、そしてエネルギー・環境機器、産業ロボットなどの保守も手がける、総合的な保守メンテナンスの会社である。

その事業は、テクニカルに対応するコールサポートから引取修理、あるいは現地でのフィールドサービスや部品供給、代品管理等、各メーカーが製品を販売した以降のあらゆる業務にワンストップで対応する「トータルマルチベンダーサービス」を実現している。また、メーカーサポート終了後の延命ビジネスでは、修理のみならず、予防保全、再設計などお客様のさまざまなニーズに対応し、顧客の満足を得ている。

近年では国際物流会社と連携し保税工場を活用した修理や、IoT(Internet of Things)を実現するリモート監視ソリューション Wi-VIS を自社開発し、事業領域をさらに拡大し続けている。

当社としては、計測・医療・情報通信・環境などの分野で活躍するあらゆる電子機器を、トータルマルチベンダーサービスのもと、技術革新を推進し、和を持った豊かな価値を創出することで、社会への貢献を果たしていく。

トータルマルチベンダーサービスカンパニーとして


臼井 努
京西テクノス 社長

当社グループは1946年の創業以来、初めの55年は国内の高度成長の波に乗り、電子機器受託製造主体のビジネスモデルでしたが、国内外でのコスト競争が激化することに鑑み、15年前にものづくりのノウハウを応用してメンテナンスサービス主体のビジネスモデルに大転換しました。
現在は「医療」「通信」「計測」「環境・エネルギー」分野のどこのメーカーの製品でもマルチベンダーで、かつトラブルの受付から解決までトータルで対応可能な「トータルマルチベンダーサービス」カンパニーとして、スピードと柔軟性を兼ね備えたビジネス展開を図っております。
経団連会員の皆様よりご指導ご鞭撻を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2017年7月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら