1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ダッソー・システムズ株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 ダッソー・システムズ株式会社

(PDF版はこちら
資本金 27億4,609万円
設立 1994年6月
従業員数 約600名(国内ダッソー・システムズ・グループ3社連結。2017年1月31日現在)
本社所在地 〒141-6020 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower
事業内容 ダッソー・システムズ社製品の日本ならびにアジア市場における販売・マーケティング、サポートおよび受託開発業務およびその他関連業務
URL http://www.3ds.com/ja

航空機製造(ダッソー・アビアシオン)、不動産、ワイナリー、新聞社(フィガロ)等を傘下に持つフランスの複合企業体「グループ・ダッソー」、その一員がダッソー・システムズである。1960年代、ダッソー・アビアシオンの技術部門が航空機体開発用の画期的な3D設計ソフトCATIAを生み出した。1981年に技術部門が分離するかたちで「ダッソー・システムズ」が誕生。以来、製造業の発展とともに成長を続け、現在は従業員数1万5000人、顧客数22万社以上に成長した。日本法人は1994年に設立され、グループ企業として、ソリッドワークス・ジャパン、ダッソー・システムズ・バイオビアがあり、各社は日本を代表する自動車、電機、エレクトロニクスなど製造大手から大学・研究機関まで幅広いユーザーを有している。

近年は複雑に絡み合いながら急速に進む産業の変化に対応し、化学、建築、医薬・医療機器、エネルギー、政府・自治体向け事業も展開中である。例えば自動運転やEVの台頭は、設計や機能要件の変更にとどまらず、交通インフラやモビリティーの再定義、ひいては都市計画にまで直結している。こうした変化は全産業・あらゆる段階で同時多発的に起こっており、製品開発や事業開発には、現場から意思決定者まで、時には社外のリソースや消費者まで巻き込む仕掛けが必須となる。

こうしたなか、当社は3DEXPERIENCEプラットフォームとソフトウエア群を提供し、専門領域や地域の垣根を超えて、人と人、情報と情報をつなぐイノベーションを後押ししている。

ダッソー・システムズは製品と自然と人々の生活の調和に貢献します


鍛治屋清二
ダッソー・システムズ 社長

ダッソー・システムズはその創業時から、科学と技術をベースに育ってきた企業です。当社のソフトウエアは、当社の前身である航空機メーカーが携わっていた1960年代から日本企業の皆様に採用いただいており、高度成長期から現在に至るまでの日本のものづくりとともに発展してまいりました。これもひとえにお客様や関係先のご支援のおかげと、この場を借りて厚く御礼申しあげます。
このたびの経団連への加盟を機に、日本経済ならびに社会の発展に貢献するとともに、企業としての社会的責任を果たしていきたいと考えます。会員の皆様には、引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2017年7月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら