1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. トランコム株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 トランコム株式会社

(PDF版はこちら
資本金 10億8,004万円
設立 1952年2月20日
従業員数 6,027名 (2017年3月末現在)
本社所在地 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザ15階
事業内容 物流センター構築・運営事業、物流情報サービス事業、インダストリアルサポート事業、貨物運送事業、ITシステム事業、自動車整備事業
URL http://www.trancom.co.jp/

消費者ニーズの多様化・利便性の向上などから通販市場が拡大し、物流業界を取り巻く環境は大きな変化のなかにある。こうした変化を受け、貨物の小口化・多頻度化が進み、輸配送ニーズもまた多様化の一途をたどっている。また、トラックドライバー不足が、輸送対応力の低下や人件費の上昇を招くなど、物流事業者にとって大変厳しい事業環境が続く。そのなかで、成長を維持するための事業戦略、企業価値向上に向けた取り組みの重要性が一段と増してきている。

当社の物流サービスは、サポートするお客様の事業領域を選ぶことなく、プランニングから運営管理、オペレーションに至るまで、当社独自の多彩なシステムや機能を組み合わせることで、お客様の物流ニーズにかかわるすべてを幅広くサポートしている。お客様のサプライチェーン全体をとらえ、「調達」「生産」「販売」のどの領域においても、個々のニーズに合わせたオーダーメードの物流システムを提案・提供すること、それが当社の営業スタイルである。

当社の強みは、メーカー・卸・小売の各領域で豊富な経験により培ってきた3PL(サードパーティーロジスティクス)運営ノウハウ、そして物流情報サービスの幹線輸送での圧倒的な集車力にある。この強みを一層伸ばすとともに、強みを活かして新たな価値を創造できるよう、グループ全体が一丸となって歩みを進めていく必要がある。まずは国内の事業基盤をしっかりと固める。海外事業で、中国での物流基盤を構築するとともに、タイでの3PL業務の安定稼働と、将来の国際一貫物流の実現にチャレンジしていく。これらの取り組みを通じて、当社のより一層の躍進を目指していく。

人と情報の力が生み出す、新たな物流の未来へ


清水正久
トランコム 会長

1952年、当社の前身となる愛知小型運輸が設立され、1956年に創業者武部純三が株式を譲り受けたのち、1959年、ナゴヤトランスポートセンターが設立され、自動車運送取扱事業を開始しました。トランコムへと商号が変更されたのは1989年のことです。爾来当社はコア事業である3PLに加えて、求貨求車マッチングビジネス、さらには人材派遣・請負ビジネスを3本柱として業容を拡大してまいりました。
「期待される存在でありたい」。これはトランコムグループの目指す企業像です。また、物事に取り組むうえでのグループ行動原理である「誠意を以ってことにあたる」を社員一人ひとりに根付かせ、今後もお客様にとって真に価値のあるサービスの提供に努めてまいります。皆様のより一層のご指導とご支援を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2017年11月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら