1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ビューローベリタスジャパン株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 ビューローベリタスジャパン株式会社

(PDF版はこちら
資本金 3億5,100万円
設立 2002年1月
従業員数 735名(2018年3月末日現在)
本社所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町22
事業内容 試験:消費財試験、コモディティ試験、食品分析
検査:船級検査、産業設備・機器検査、建築確認検査、建物定期検査、政府指定検査、国際貿易検査
認証:建築認証、マネジメントシステム認証、製品認証
検証:データ検証
監査:社会的責任監査、技術監査、二者監査
URL http://www.bureauveritas.jp/

ビューローベリタスは1828年にフランス船級協会として設立以来、試験・検査・認証(TIC:Testing, Inspection, and Certification)の高品質なサービスを第三者機関として提供するグローバルリーダーで、品質、健康・安全、環境保護および社会的責任分野(QHSE&SR)の課題に取り組む顧客企業をサポートしてきた。

日本では1953年に船級協会検査員事務所を横浜・神戸に開設以来、あらゆる産業界における第三者試験・検査・認証機関の役割を担っている。

ビューローベリタスの事業は国際的に、地域、国、業界、企業等の活動が直面するさまざまな公的・私的な参照法規・規格に対して、評価、確認、報告を行う適合性・遵法性確認をベースとし、顧客のリスク低減、パフォーマンス向上、さらに持続的発展の促進に寄与している。

2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)については、日本政府のみならず産業界においても経団連により積極的な取り組みが展開されており、ビューローベリタスはあらゆるスキームによる認証、データ検証等を通じて、企業がその業務の与える影響を評価し、意欲的な目標を設定し、その結果を透明なかたちで周知できるサポートを提供している。

SDGsに対応したサポートサービス提供により社会に貢献


佐々木泰介
ビューローベリタスジャパン 社長

ビューローベリタスは140カ国で事業を展開する世界最大級の第三者試験・検査・認証機関です。昨今、世界的に企業の進むべき方向を定める際のリスク把握・分析・評価はさらに難易度が高くなってきています。さらに、日本において経済は引き続き着実にグローバル展開が加速しており、国際基準あるいはそれに準ずる仕組みを想定以上に早く適正に確立し運用することが要求されています。
当社の歴史に裏打ちされた経験・専門性・グローバルなネットワークを基盤に、企業の事業推進の確実性を守る高品質なサービスを供給するパートナーとなるべく日々邁進いたします。
経団連の皆様には今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2018年8月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら