1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ニールセン・カンパニー合同会社

月刊 経団連 新会員紹介 ニールセン・カンパニー合同会社

(PDF版はこちら
資本金 4,550万円
設立 1979年3月(創業1965年11月)
従業員数 73名(2018年7月31日現在)
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
事業内容 商品開発からマーケティング活動の最適化まで、購買活動にかかわる包括的消費者インサイトの提供によるビジネスサポート
URL http://www.nielsen.com/jp/

当社は、世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社である。1923年に米国シカゴで創業後、1933年に小売店・ドラッグストアの購買データの提供を始め、「マーケットシェア」という概念をつくった。

その後、ラジオ聴取率、テレビ視聴率を提供し、現在ではテレビとデジタルを統合した「総合視聴率」の提供を始めている。世界106カ国でビジネスを展開し、購買データや視聴率データに基づく分析を企業のマーケティング活動の効率化のために提供している。

日本においてはデジタル視聴率の提供や、消費者調査、ニューロサイエンスを活用した潜在意識レベルでの調査、マーケティング活動の効果や効率改善のためのマーケティング・ミックス分析などのデータ分析、スポーツ・スポンサーシップの効果計測や権利の活用コンサルティングなどを幅広く提供している。グローバルな知見や標準化によるノーム値に基づいたアドバイスなども行っている。

また、近年、日本企業の海外進出において、現地マーケットを熟知した人材と現地の購買データ、視聴データ、グローバルなメソッドに基づいた分析などによって市場参入戦略のサポートも増えてきている。

日本市場のグローバル化、デジタル化を支援


福徳俊弘
ニールセン・カンパニー 会長

当社は、グローバルな知見やメソッドを活かして、日本のメディア市場のデジタル化やビッグデータ時代のデータ分析のサポート、日本企業のグローバル進出などを支援していきます。
また、海外の知見を活用して、2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてのスポンサーシップ活動のサポートも行っています。
グローバル化とデジタル化という変化の激しい時代における企業変革のお役に立てれば幸いです。

「2018年10月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら