1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. WASHハウス株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 WASHハウス株式会社

(PDF版はこちら
資本金 9億9,398万円
設立 2001年11月
従業員数 112名(2017年12月31日現在)
本社所在地 〒880-0831 宮崎県宮崎市新栄町86-1
事業内容 遠隔管理型コインランドリー店舗の企画・開発・運営事業
URL https://www.wash-house.jp/

当社は宮崎県に本社を置き、地元九州を中心に関東、東海、関西、中四国などでコインランドリー事業を展開している。直営店・FC(フランチャイズチェーン)店を合わせて、店舗数は過去5年間で400近く増加し、急成長に伴い2016年11月には東証マザーズ、福証Q-Boardに上場を果たした。コインランドリー業では世界で初めての上場となる。

当社の主要な事業は、コインランドリー「WASHハウス」のチェーン本部として、FCシステムをFCオーナーに提供する「FC部門」、提供したFC店舗の運営・管理を行う「店舗管理部門」、直営店舗の運営等を行う「直営部門その他」の3つからなる。

整然として明るく清潔感のある店内は、「暗い・怖い・汚い」という従来のコインランドリーのイメージを一新しており、女性も安心して利用できる空間になっている。

一般的に、FC事業は本部と加盟店の間に対立が生じやすいという問題が指摘されるが、当社では「全店舗一括管理運営方式」を導入することで、こうした対立を解決した。つまり、24時間365日受け付けのコールセンター、ウェブカメラと遠隔コントロールによる即時サポート、店舗の点検、清掃、集金、広告活動といった、店舗運営・管理に必要な活動をすべてWASHハウスが提供しており、FCオーナーの負担を実質ゼロにしているため、本部と加盟店の間に対立が起こらない仕組みとなっている。このような全く新しいFC事業モデルにより、WASHハウス加盟店の満足度は高く、これまで業績不振による撤退はゼロとなっている。

コインランドリー業界におけるグローバルスタンダードの創造


児玉康孝
WASHハウス 社長

WASHハウスはすべての発想をお客様の立場で行うことを基本方針として、コインランドリー業界の旧弊を次々に打破してきました。統一の店舗デザインや統一サービス、24時間365日受け付けのコールセンターや徹底した衛生管理・メンテナンス等を行うことで、コインランドリーのイメージを一新したいと考えています。
洗濯という作業は、はやり廃りのないものであり、また洗濯をしない国もありません。将来は巨大な海外市場開拓への取り組みも視野に入れており、コインランドリー業界のグローバルスタンダードを創造することを当社の目標としています。
経団連会員の皆様には、より一層のご指導とご支援を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。

「2019年1月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら