1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 日本モリマー株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 日本モリマー株式会社

(PDF版はこちら
資本金 3,500万円
設立 1980年7月
従業員数 連結 1,975名 (2018年10月31日現在)
本社所在地 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-3-8 三甲大阪本町ビル7階
事業内容 モリマーグループの経営統括。合成樹脂成形材料の製造および成形加工
URL http://www.molymer.co.jp/

当社は1980年7月に大阪市内でプラスチック専門商社としてスタートし、その後、製造業にも進出。現在は傘下に国内外18の事業会社を持つグループ統括会社である。

FRP(熱硬化性樹脂)、熱可塑性樹脂を問わずさまざまな素材と製法を手がけ、プラスチックのオールラウンダーとして、水回り住宅設備部材、鉄道車両部材、屋外ファニチャー、塩化ビニル系壁紙、車載部品、電気電子部品、ポリ袋・ゴミ袋、タンク等を幅広い分野のお客様に提供している。特にFRPは最大3500tのプレス成形機を50台以上保有しており、世界有数の生産能力を有する。

近年はグローバル展開と技術革新による事業強化に力を注いでいる。タイでは金型、成形、印刷、組立までの一貫体制を持ち、2018年は工場をさらに拡張し、主に車載や電気電子部品を生産する射出成形事業は伸び行く需要に対応している。また、2017年にはベトナムに工場を設立し、著しい成長力の取り込みを図る。

グループ内の製造各社は、省力化、自動化を積極的に進め、30年来培ったものづくり手法を会社間で共有しながら進化させ、ダントツの生産性と品質を目指している。

商社事業のガラス繊維ビジネスは技術部門を強化しファブレスメーカーの地位を確立、研究開発にも注力し、迫り来る5G時代に向けて、伝送損失を大幅に改善する低誘電性ガラスクロスとその他高周波対応材料を組み合わせて積極的に展開していく。

当社は今後もプラスチックを通して人々の暮らしにやさしさと豊かさを提供し、社会の発展に貢献していきたい。

プラスチック業界のゲームチェンジャーを目指して


森 修平
日本モリマー 社長

当社は1980年の創業以来、国内外の多くのお客様に育てられ、積極的な事業投資を行い、プラスチックのワンストップ対応ができる体制を築いてまいりました。
昨今、欧州発のプラスチックによる海洋汚染が取り沙汰されるなか、これまで以上に環境にやさしい植物由来や生分解性プラスチックを最大限に活用していきます。軽くて強く錆びない、形状の自由度が高い素晴らしい従来のプラスチックも、今後はますます自動車の軽量化等社会の発展に大きく貢献していくと強く信じ、プラスチックによるさらなる高付加価値の提供を当社の使命として邁進してまいります。
経団連会員の皆様には、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年1月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら