1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. ハイケム株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 ハイケム株式会社

(PDF版はこちら
資本金 9,980万円
設立 1998年4月
従業員数 492名 (連結 2019年1月1日現在)
本社所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-7-1 第3桜橋ビル8階
事業内容 化学品の輸出入販売・受委託製造、技術ライセンス関連業務、触媒製造販売等
URL https://highchem.co.jp/

当社は1998年に設立し、化学業界における「日中の架け橋」となるべく、日中間の化学品の輸出入販売や受委託製造をはじめ、日本の優れた技術の対中国ライセンス事業および触媒の製造販売を展開している。

中国では上海、北京、重慶、天津、広州、鄭州、青島、西安に営業拠点を構えており、全土を広域にカバーしたネットワークを活用し、日本企業の中国への進出、在中国日本企業の現地生産や、悩まされがちな回収不安の多い現地販売を支援している。また、技術指導を伴ったサプライヤーの開拓による供給体制の構築を進め、化学製品原料の安定供給を行っている。

2009年より展開するSEG™技術ライセンス事業は、日本の化学業界では長期にわたって遊休技術となっていた、石炭合成ガスからのMEG(エチレングリコール)製造プロセスの対中国ライセンス事業である。主な顧客は多様な原料ガスを持つ国有資源系企業であり、ライセンス契約済みMEG製造能力は800万tに達し、うち100万t以上が商業運転を始めている。品質は従来の石油由来の製造法を完全に代替しており、繊維・ペットボトル原料に用いられている。また、MEG製造プロセスに必要なパラジウム触媒、銅触媒は自社南通工場で年間3000tの規模で製造している。

ハイケムグループは、日中間におけるニーズのギャップをたゆまなく深堀りし、これを埋めていくことで、価値あるビジネスの創造を目指している。日中両国との共鳴・共生のもと、さらなる化学工業の発展に尽力していく。

日中の架け橋として化学業界の発展に寄与する


高 潮
ハイケム 社長

当社は、日中の架け橋として、両国の化学工業の発展に寄与したいとの思いから事業を始め、今年で21周年を迎えました。この間、さまざまなお客様、関連企業から多大な信頼とご支援をいただき、厚くお礼申しあげます。
企業理念でもある「共鳴・共生」のもと、社員一人ひとりの活動を通じて、原子と原子の共鳴結合にあらわれる強固な結び付きと、共鳴現象にあらわれる相互の響き合いを、社会に実現し、人々の豊かな暮らしに貢献できるよう尽力してまいります。
今後も私達ハイケムグループは、日中の化学業界の架け橋としてたゆまぬ挑戦を続けていく所存です。経団連会員の皆様には、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年5月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら