1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 株式会社アバント

月刊 経団連 新会員紹介 株式会社アバント

(PDF版はこちら
資本金 2億9,552万円
設立 1997年5月26日
従業員数 874名(連結。2019年3月現在)
本社所在地 〒108-6113 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟13階
事業内容 連結会計・経営ソフトウエアおよび関連サービス、経理財務関連のアウトソーシングサービス、情報活用・レポーティングに関するITサービス、開示情報の検索サービス
URL https://www.avantcorp.com/

「日本発のソフトウエアを世界に展開する」。そのような大きな夢を掲げて、当社は1997年に「ディーバ」として東京都大田区大森にて創業した。まずは国内ナンバーワンとなることを目指し、連結会計パッケージ「DivaSystem」を開発、販売開始。2000年にわが国の開示制度が個別財務諸表から連結財務諸表中心へと変わったことを契機に市場は大きく拡大し、当社製品も多くの企業から採用されるに至った。

2007年のIPO(新規株式公開)以降は、監査法人等に対して開示情報検索サービスを提供する「インターネットディスクロージャー社」と経営統合し、さらにビジネス・インテリジェンス(情報活用に関するITサービス)の雄として評判の高かった「ジール社」を買収するなど、サービスの幅を拡大するとともに、当社自身も連結経営を開始。その一環として2013年には「株式会社アバント」へと商号変更し、持株会社制へと移行している。

「DivaSystem」については、現在では販売実績も1000社を超え、時価総額TOP100企業の半数以上に採用される日本の連結決算・経営を支えるインフラの1つへと成長し、さらには当製品を利用した決算業務等を顧客の代わりに行うアウトソーシングサービスも「フィエルテ社」より提供している。

現在、顧客は国内企業がほとんどであるが、グループ一丸となり「世界へ通用するソフトウエア企業」となることを目指して邁進している。

「公器」として発展する組織づくりを


森川徹治
アバント グループCEO

当社グループは「経営情報を未来の地図に変えていく」をミッションとして、主に上場企業のCFO組織に対して、ソフトウエアおよび各種サービスを提供しております。現在では、多数の経団連会員企業様にも当社グループのソフトウエア・サービスをご利用いただくに至っており、日頃のご愛顧に深謝いたします。
私は、日本の文化に立脚した経営観の根本が、会社を「公器」とみなすことにあると考えており、特定の利害関係者にかたよらず、社会に価値を提供し、人の成長のもとに持続発展する組織づくりを心掛けております。経団連の活動を通じて、このような組織づくりを促進しながら、公器のひとつとして日本経済の発展と国民生活の向上に寄与してまいりたいと思います。

「2019年8月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら