1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. トゥルーバグループホールディングス株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 トゥルーバグループホールディングス株式会社

(PDF版はこちら
資本金 304百万円(資本準備金を含む)
設立 2003年4月4日
従業員数 単体45名、グループ64名(2019年5月31日現在)
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館15階
事業内容 金融機関向けABL関連サービス等の事業、子会社を通じたアグリ事業ほか各種事業、投資事業
URL https://www.truva-gh.com/

バブル経済崩壊から10年が経過した2003年、当社はわが国経済の持続的な成長に必要な、新たな事業や産業を創造することを目指し事業を開始した。社名のトゥルーバ(英文名TRUVA)とはTRUe Value Added、すなわち真価創造を意味する。特定の事業にフォーカスすることなく、真価を創造する事業であれば意欲的に取り組む。それが当社の唯一の経営理念である。

真価創造ビジネスの第1弾として、2005年より、金融機関が動産や債権を担保活用して企業向けに行う融資(金融業界ではABL、Asset Based Lendingという)を実施する際に必要となる在庫の評価などのサービスの提供を開始した。提携金融機関は全都道府県146に上り、これまで金融機関より依頼を受けて評価を実施した在庫等の動産は総額で5兆円を超えている。この事業を通じて、現在もわが国の中小企業金融の高度化・機能強化に貢献している。

2017年からは子会社を順次設立し、新たな事業領域に参入している。畜産を中心としたアグリ事業、機械設備等の販売事業(地域商社)、コンサルティング事業、ファイナンス事業の4つの事業を展開中である。畜産事業では2018年に大分県に現地法人を設立、耕作放棄地を整備し、放牧による黒毛和牛の繁殖事業に参入した。同事業はSDGs(持続可能な開発目標)の推進にも大きく貢献するものであり、金融機関よりESG(環境・社会・ガバナンス)投融資を受け入れ、事業展開している。

当社は、真価を創造するイノベーティブ・カンパニーとして、Value comes trueをコーポレート・スローガンにこれからもさまざまな事業領域に取り組んでいく。

真価を創造する新たな事業を生み出せ


小野隆一
トゥルーバグループホールディングス 社長

当社はおかげさまで2018年に創業15年を迎えました。これを機に、第二創業を宣言し、新たなミッションとして、首都圏と地方の経済的格差、少子高齢化、食料自給率の低下、エネルギー・環境問題など、わが国が抱える「構造的課題」の解決に真正面から取り組む企業グループとして、ESG投融資を積極的に受け入れ、SDGsの達成に貢献すべく、真価創造ビジネスを推進するためのプラットフォーマーとなることを目指す決意をしました。
当社はこれからも、既存の事業領域の境界を越え、多様な事業開発手法とネットワークを駆使し、わが国経済に貢献するさまざまな新規事業を創造してまいります。
経団連会員の皆様には、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年8月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら