1. トップ
  2. 月刊 経団連
  3. 新会員紹介
  4. 共栄セキュリティーサービス株式会社

月刊 経団連 新会員紹介 共栄セキュリティーサービス株式会社

(PDF版はこちら
資本金 4億9,870万円
設立 1985年5月
従業員数 1,658名(2019年3月31日現在)
本社所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館
事業内容 施設警備、雑踏・交通誘導警備を中心とした警備業
URL https://www.kyoei-ss.co.jp/

当社は、オフィスビルや商業施設などに警備員を常駐させる施設警備を主力として成長してきた。現在、警備員在籍数が1000名以上の同業社は、全国9700社のうち0.5%だけである。当社は、首都圏を中心に北海道から関西までに及ぶ広域展開と、約2000名の在籍警備員による人的警備分野において、あらゆる安全・安心のニーズに対応している。2019年3月には東証JASDAQ市場に新規上場を果たし、警備事業が主力の警備会社としては、17年ぶり、8社目の上場となった。

最近では、凶悪犯罪や相次ぐ国際スポーツイベントなどを背景に、警備業の需要はますます高まっており、当社は新幹線を含む電車内およびホームなどのパトロールや災害被災地での警備のほか、スポーツイベントの警備にも取り組んでいる。

また近年、企業受付や商業施設のインフォメーションなどを担う「セキュリティー・レディ」や航空機事故に備える「空港消防業務」など、幅広い顧客のニーズにも応えている。そして、当社は警備品質の最高峰に位置するボディーガードを擁している。武術に長け、語学も堪能で、企業役員の警護はもとより、ハリウッドスターから指名を受けるなど、身辺警護分野において競合の追随を許さない。

2020年代には、都市再開発や統合型リゾート開発等を背景とした「生まれ変わる社会インフラ」に対応するため、警備員数1万名を目指し、日本の安全・安心に寄与するとしている。

安全のラストワンマイルを担う人的警備のプロ


我妻文男
共栄セキュリティーサービス 社長

当社は、「『誠実』かつ『確実』」という経営理念のもと、セキュリティーのプロフェッショナルとして、お客様の安心と安全を第一とする人的警備業を営んでおります。今日では、防犯カメラやセンサーが広く普及し、AI等による新時代を迎えますが、人的警備への社会的役割の期待は高まる一方です。そうしたなか、当社は「今日という日が、みなさまにとって、いつもの一日であるように、私たちは、『今日も、そこにいます。』」というスローガンのもと、人的警備を成長の軸としております。
このたびの経団連入会を機に、社会的に価値ある企業であり続けられるよう精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

「2019年11月号」一覧はこちら

「新会員紹介」一覧はこちら