Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2017年11月30日 No.3341  「東北プレミアムマルシェ」開催


日本橋会場

丸の内会場

経団連(榊原定征会長)は11月24日、11月1日にスタートした東北復興応援フェスタのメーンイベントとして、「東北プレミアムマルシェ」を東京・日本橋(江戸桜通り地下歩道)と丸の内(行幸地下通路)の2会場で開催した。

東北地方の本格的な復興は道半ばであり、いまだに根強く残る風評の払拭に向け、今回のマルシェを通じて、東北産品・観光の消費を拡大することがねらい。

開会セレモニーでは、岩沙弘道審議員会議長、石塚邦雄副会長が主催者としてあいさつし、「東北の地場産業の真の復興に向けて、引き続きさらなる応援をお願いしたい」と呼びかけた。続いて、来賓として土井亨復興副大臣が登壇し、「こうした取り組みの積み重ねが、東北で頑張っている人々の勇気となる」と述べた。

当日は東北の野菜・果物、銘菓、銘酒などの販売とあわせて、観光・復興に関する展示を実施したほか、盛岡さんさ踊り、仙台すずめ踊りなどの郷土芸能のパフォーマンスも披露された。

両会場には、近隣の企業で働く人や買い物客など多くの人が詰めかけ、大いに賑わった。

◇◇◇

プレミアム“カラダ”フライデーRUN

同日、プレミアムフライデー推進協議会主催の「プレミアム“カラダ”フライデーRUN」(特別協賛=住友生命保険)が東京・日比谷で開催され、石塚副会長が出席した。

ゲストランナーとして、浅田舞さん、浅田真央さんを迎え、皇居外苑のコース約6.5キロメートルを参加者とともに駆け抜けた。

【産業政策本部】