Policy(提言・報告書) 女性の活躍  女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画 
日産化学工業

日産化学は、「価値創造型企業」として成長し、社会に貢献するためには、多様な人材が活躍することが不可欠だと考えています。

女性社員が活躍できる職場環境づくりに関しては、これまでも労使で仕事と生活の調和(ワークライフバランス)のため、時間外労働削減や年次有給休暇の取得促進、法定を上回る育児休職制度・短時間勤務制度の導入などに取り組んできました。

また、女性の登用に関しては、2020年度末までに、女性総合職比率を現状の7%から10%まで引き上げることを目標に掲げており、具体的な施策として、新規学校卒業者の女性総合職採用比率30%と社内の各部門における女性の職域拡大に取り組んでおります。

今後も公正な評価、育成によって、男女を問わず優秀な人材を登用し、従来の施策とあわせ、2020年度には女性管理職数の2015年度比倍増を目指していきます。

(2016年4月19日)

「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」はこちら