1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. 女性の活躍
  4. 女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画  日立キャピタル

Policy(提言・報告書) 女性の活躍  女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画 
日立キャピタル

日立キャピタルは、経営方針である「社会価値創造企業」を実現するため、行動指針の1つに多様性を掲げています。様々な考え方、働き方を認識し合い、その中から新しい価値を創造し、活力ある企業になることをめざしています。

これまでは、サポート制度(出産・育児休暇制度、時短勤務制度等)の整備と運用を推進してきましたが、今後は2020年度末までに10%の女性管理職を輩出することを目標に定め、以下の取組みを実施することで女性が活躍できる風土の醸成と、働き方の変革を実現していきます。

【主な取組み】

  • 大学に在学する女性比率と同程度の女性枠での採用活動の企画・実施
  • フレックス勤務制度、企画業務型裁量労働制度、在宅勤務制度等の導入
  • 女性ロールモデルとの交流会計画・実施
  • 女性管理職登用ポジション(部長職、課長職)別の登用計画策定

詳細は以下URLをご覧ください。
http://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/planfile/201603281515330218971_1.pdf

(2016年5月10日)

「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」はこちら