UWC日本協会

UWCの組織


1.UWC会長
(UWC President)

UWC会長は、1995年からヌール・ヨルダン王妃が務めている(前任はチャールズ英国皇太子)。UWC会長はUWCの国際組織、すなわち国際評議員会・理事会、各国国内委員会、各カレッジを大所高所から積極的に指導する。

2.国際評議員会
(UWC International Council)

アトランティック・カレッジの成功により、他の国々からもこのようなカレッジ設立を要望する声が多く出された。そこで、1967年に各国の著名人を集めて国際評議員会が組織され、英国のマウントバッテン伯爵がその初代会長となった。その後、1978年にチャールズ英国皇太子が、1995年にはネルソン・マンデラ前南アフリカ共和国大統領が就任した。現在は、ヌール・ヨルダン王妃が務めている。同評議員会は5年毎に開催され、UWCの事業と運営に関して助言を行っている。

3.国際理事会
(UWC International Board of Directors)

国際理事会は、有識者や各カレッジの校長、卒業生ネットワークの代表などから構成されるUWCの運営組織である。具体的には、UWCの運営、運営に関する政策の立案・実施、UWCの各カレッジへの協力・支援などを行っている。わが国からは、1992年より小笠原敏晶 ジャパンタイムズ会長が国際理事に就任、2001年から2006年まで盛田昌夫 ソニー業務執行役員SVPが国際理事を務めた。

4.UWC国内委員会
(National Committee)

各国の国内委員会は国際評議員会の一員となり、各カレッジに留学する生徒を支援・選抜し、カレッジに派遣する責任を負っている。これらの国内委員会の中には、自国内にカレッジを設立する計画を検討しているところがある。

UWC国際本部・事務局と各カレッジの所在地


日本語のホームページへ