会長挨拶

中西会長

わが国は、雇用・所得環境の改善により緩やかな景気回復が続いています。この好機をとらえ、経団連は、イノベーションとグローバリゼーションによる「豊かで活力ある日本」を目指し、デフレ脱却・経済再生の実現に邁進してまいります。

そのための第一の柱は、Society 5.0を中核とする成長戦略の強化です。IoT、AI、ビッグデータ、ロボットなどのデジタル化の波が、多くの産業にパラダイムシフトと呼ぶべき革命的な変革をもたらし始めています。このような時代にあって、わが国経済の体質強化を図るためには、産業構造の大胆な転換等も視野に入れつつ、官民が連携して思い切った一歩を踏み出していく必要があります。

また、Society 5.0は、革新技術の活用によって経済成長を実現しつつ、複雑化する社会課題の解決に繋げることを目指しており、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に道を開くものです。Society 5.0の本格稼働に向けたロードマップをつくり、世界への展開を目指します。

同時に、経済成長と両立するエネルギー・環境政策の推進、多様な人材が活躍できる企業社会の構築、活力ある地方経済の再生にも取り組みます。

第二の柱は、構造改革です。Society 5.0にふさわしい経済・社会基盤のアップグレードを図らなければなりません。時代に即した規制改革、税制改革、国民の将来不安を払拭する社会保障改革、財政健全化に真正面から取り組みます。

第三の柱は、民間経済外交の多面的展開と国際的な発信力の強化です。経団連は一貫して自由貿易を推進してまいりました。保護主義的な動きには国際的なルールに基づいて対処するよう働きかけることで、引き続き経済界の立場から、ルールに基づく自由で開かれた国際経済秩序の維持・強化に積極的に貢献してまいります。

経団連は、さまざまなステークホルダーとの連携を維持・強化しながら、これら重要政策課題に果敢に取り組み、わが国そしてグローバル経済の安定的かつ持続的な発展に貢献してまいります。引き続き皆さまからのご支援・ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

経団連会長  中西 宏明
(日立製作所会長)