経団連では、1%(ワンパーセント)クラブを1990年11月に設立しました。

1%クラブでは、会員に対しては寄付や社会貢献活動に関する情報を提供するとともに、広く一般の方々に企業の社会貢献活動に対する理解を深めていただくための事業を行っています。
また、企業やその社員と、市民活動団体をはじめとするNPO(民間非営利組織)を結び付け、より有効な社会貢献活動を行うためのコーディネートも行います。

1%クラブ紹介パンフレットについてはこちらをご覧ください。

新着情報

2018年5月25日
1%クラブニュース インフォメーション(2018年6月号 No.210)を登録しました。
2018年5月17日
今後の企業と市民社会との関係について意見交換
-社会貢献担当者懇談会

(『経団連タイムス』 2018年5月31日号より)
2018年2月26日
東日本大震災の被災地からのメッセージ
-1%クラブ会員交流会を開催

(『経団連タイムス』 2018年3月15日号より)
2018年2月16日~17日
SDGs時代の企業の社会貢献をめぐり合宿形式で集中討議
-社会貢献担当者懇談会

(『経団連タイムス』 2018年3月8日号より)
2018年1月25日
全国のNPO支援組織の関係者と意見交換
-社会貢献担当者懇談会

(『経団連タイムス』 2018年2月8日号より)
2017年11月14日
2016年度 社会貢献活動実績調査結果
(経団連タイムス関連記事はこちら
2017年11月3日
「ユニバーサルマナーを文化に」
-ユニバーサルマナーを学ぶイベント開催/1%クラブ

(『経団連タイムス』 2017年11月23日号より)
2017年10月3日
企業の社会貢献活動をめぐる評価のあり方で意見交換
-社会貢献担当者懇談会

(『経団連タイムス』 2017年11月30日号より)