1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. CSR、消費者、防災、教育、DEI
  4. 令和6年能登半島地震 被災者・被災地支援活動の取り組み

Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、DEI 令和6年能登半島地震 被災者・被災地支援活動の取り組み -企業人ボランティア派遣、うるうるパック、物品寄付仲介-

2024年6月10
一般社団法人 日本経済団体連合会

経団連1%クラブでは、内閣府や災害ボランティアプロジェクト会議(支援P)等と連携し、被災地の一日も早い復旧・復興に向けた支援活動を展開して参りました。活動にあたっては、多くの企業の皆様のご協力を賜りました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

活動の模様を下記の通りまとめましたので、ご参照いただけますと幸いです。

【取り組みの模様】

(PDF形式/目次は以下のとおり)

Ⅰ.企業人ボランティアの派遣
  「災害ボランティアセンターを支えるボランティアプログラム」

Ⅱ.「うるうるパック」の作成・お届け

Ⅲ.会員企業・団体からの自社製品の寄付・寄贈の仲介

<参考>

令和6年能登半島地震経済界における被災者・被災地支援活動〔発災後2か月間の支援状況〕
-経団連アンケート結果-
(2024年4月3日)


「CSR、消費者、防災、教育、DEI」はこちら