一般社団法人 日本経済団体連合会
English (英語)
経団連の概要

会長挨拶

榊原会長

デフレ脱却が見えてきた日本経済を本格的な成長軌道に乗せるため、政府および経済界のそれぞれの取り組みと連携がますます重要となっております。経団連としても、全力を挙げて日本再興に向けた産業の確固たる礎を築き、未来への責任を果たしていく所存です。

強い経済の実現に向けた鍵は、イノベーションであります。イノベーションは、日本が国際競争力を強化するための生命線であり、経済成長の最も大きなエンジンであります。今こそ「技術立国」の原点に立ち返り、果敢に研究開発・技術開発に挑戦し、経済を力強く牽引する新産業・新事業を起こすことによって、「未来創造型技術立国」を目指す必要があります。

同時に、国民生活全般にわたるイノベーションも不可欠です。旧来の制度や慣行と、その根底にある国民的な意識や社会的な通念を変革することによって、新たな成長を牽引する原動力が生まれます。社会保障制度改革や女性の活躍促進、農業の成長産業化などは、いずれもこうした変革が求められる分野です。

もう一つの鍵は、グローバル経済の中で成長を勝ち取っていくことです。企業活動がグローバル化し、ますます競争が激化する時代において、広域経済連携の推進ならびに法人実効税率の引き下げ、エネルギーの安定供給と経済性の確保などによる国際的イコールフッティングの実現を通じて、日本の強みを世界に発信しつつ、海外の活力と成長力を積極的に取り込むことが必須です。

日本再興に向けて、政治との積極的な対話・連携とともに、地域社会との絆、他の経済団体との協力も強化してまいります。さらに、経団連がより大きな役割を果たせるよう、自らの改革にも取り組む所存です。

経団連会長  榊原 定征
(東レ会長)