1. トップ
  2. 経団連について
  3. 会長挨拶

経団連について 会長挨拶

榊原会長

わが国経済の最重要課題は、デフレ脱却と経済再生を確実に実現し、GDP600兆円経済に向けた確固たる道筋をつけることです。これは、経団連ビジョン「『豊かで活力ある日本』の再生」で描いた経済・社会を構築する上でも不可欠です。

そのためには、成長戦略を強力に進める必要があります。成長戦略の柱は、「日本再興戦略2016」に掲げられた「官民戦略プロジェクト10」であり、官民が英知とリソースを結集して、Society 5.0の実現、消費の喚起をはじめ、全てのプロジェクトを着実に実行していかなければなりません。

同時に、国内の構造改革を推進することも肝要です。とりわけ、将来不安の払拭に向けて、社会保障制度改革や財政健全化など、国民の痛みを伴う改革にも真正面から取り組み、明るい未来への展望を切り拓いていく必要があります。

一方、海外では、反グローバル化や保護主義が台頭しつつあり、政治経済情勢の不透明感が続いております。この流れを断ち切り、自由で開かれた国際経済秩序の発展を牽引していくことは、わが国に課された大きな責務といえます。

経団連は、政治との連携を一層強化しながら、こうした重要政策課題に果敢に取り組み、わが国そしてグローバル経済の安定的かつ持続的な発展に貢献してまいります。引き続き、皆様からのご支援・ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

経団連会長  榊原 定征
(東レ相談役)