1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. CSR、消費者、防災、教育、女性
  4. 採用と大学教育の未来に関する産学協議会 中間とりまとめと共同提言

Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、女性 採用と大学教育の未来に関する産学協議会
中間とりまとめと共同提言

2019年4月22日
採用と大学教育の未来に関する産学協議会

中間とりまとめと共同提言 ―概要―

(PDF形式)

中間とりまとめと共同提言

(PDF形式/目次は以下のとおり)

1.Society 5.0 時代に求められる人材と大学教育

  1. (1)Society 5.0 時代に求められる能力と教育
  2. (2)求められる大学教育を推進する上での課題と対応
  3. (3)教育資金の確保と成果の見える化

2.今後の採用とインターンシップのあり方

  1. (1)Society 5.0 時代の雇用システムや採用のあり方
    ―ジョブ型を含む複線的なシステムへの移行―
  2. (2)多様な人材の採用の方向性と課題
  3. (3)学修成果の評価と評価する時期
  4. (4)今後のインターンシップのあり方

3.地域活性化人材の育成

  1. (1)Society 5.0 時代の地域を支える人材像
  2. (2)地域の置かれている現状と課題
  3. (3)地域に存する大学の運営資金の確保
  4. (4)地域の大学間の連携の強化

4.政府への要望事項

  1. 1.文理融合教育のための大学設置基準および認証評価制度の見直し
  2. 2.AI、数理統計、データサイエンス人材育成に向けた措置
  3. 3.大学への寄附促進に向けた税制措置(仮称:大学納税制度)
  4. 4.地方創生事業の継続的推進

5.今後の具体的アクション

  1. (1)Society 5.0 に求められる人材を育成するための教育プログラムのメニューを検討・共同開発
  2. (2)社会人リカレント教育を活性化させる方策を共同で検討・実施
  3. (3)産学連携による課題解決型(PBL型)教育を促進する仕組みづくり
  4. (4)採用形態の変化への対策検討
  5. (5)「キャリア教育プログラム」および「インターンシップ・プログラム」の共同開発・実施と採用・選考への学生情報の取り扱いに関する検討
  6. (6)地域に存する大学間の連携プラットフォームに関する検討
  7. (7)地域の視点から産業発展・新産業創出を担う人材育成のための「地域課題解決型(PBL型)教育」の実施

分科会の中間とりまとめ

(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)

「Society 5.0 人材育成分科会」

「今後の採用とインターンシップのあり方に関する分科会」

「地域活性化人材育成分科会」

「CSR、消費者、防災、教育、女性」はこちら