1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. CSR、消費者、防災、教育、女性
  4. Society 5.0に向けて求められる初等中等教育改革 第一次提言

Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、女性 Society 5.0に向けて求められる初等中等教育改革 第一次提言 ~with コロナ時代の教育に求められる取組み~

2020年7月14日
一般社団法人 日本経済団体連合会

【概要】

(PDF形式)

【本文】

(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)

はじめに

Ⅰ.Society 5.0で求められる能力と教育の方向性

  1. 1.Society 5.0で求められる能力と素質
    1. (1)求められる能力
    2. (2)求められる素質
  2. 2.Society 5.0における教育の方向性
    1. (1)多様性を重んじるとともに「誰も取り残さない教育」
      (ダイバーシティ&インクルージョン)
    2. (2)場所・空間を越えた、質の高い教育の提供(地域創生)
    3. (3)児童生徒の自律的、主体的な学びを尊重する教育
    4. (4)学習履歴の活用による生涯学習(リカレント教育)の推進

Ⅱ.Withコロナ時代の初等中等教育に求められる取組み

  1. 1.全国でリモート教育が実施可能な環境の緊急整備
    1. (1)周回遅れだったわが国のICT環境
    2. (2)「GIGAスクール構想」とコロナ感染症拡大による前倒し実施
    3. (3)休校中にオンラインによるリモート教育が実施できなかった理由
    4. (4)緊急に求められる対応
  2. 2.改訂学習指導要領が目指す教育の実現
    1. (1)「改訂学習指導要領」の目指す教育
    2. (2)現状の課題:目標と方法の不一致
    3. (3)改善の方向性
  3. 3.ICTを活用した新しい教育様式に対応できる教員の養成
    1. (1)教員養成課程の見直し
    2. (2)教員の働き方改革
    3. (3)外部人材、専門家の活用
  4. 4.9月入学に向けた考え方
    1. (1)9月入学導入に関する過去の検討
    2. (2)9月入学に対する考え方

Ⅲ.高大接続の改善と大学入試改革

  1. 1.高大接続の改善・大学入試改革
  2. 2.大学入試改革をめぐるこれ迄の経緯
  3. 3.大学入学者選抜の改革の方向性

Ⅳ.With コロナ時代の初等中等教育において企業に求められる取組み

  1. 1.デジタル教材やハードウェア(教育用端末等)提供による協力
  2. 2.企業人の派遣による貢献

終わりに

「CSR、消費者、防災、教育、女性」はこちら