1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. CSR、消費者、防災、教育、D&I
  4. 主な変更箇所一覧

Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、D&I 主な変更箇所一覧

新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインの改訂について

主な変更箇所一覧
2020年12月1日
一般社団法人 日本経済団体連合会

2020年12月1日に行った改訂における主な変更箇所、変更の趣旨、ガイドラインの該当箇所は以下の通り。

(1) 人員・座席配置に関する工夫

① 趣旨

発話等で生じる飛沫は顔の正面から2mであることを明記し(会話をしない横並びなら2mの距離は不要)、マスクの着用を徹底した上で、人員・座席の対角や横並びへの配置や仕切りがない場合の配置の工夫を記載し、勤務中の適切な感染対策を徹底する書きぶりとする。

② ガイドラインの該当箇所

(オフィス・製造事業場)3(4)勤務

(2) 寒冷期の換気頻度の向上、湿度管理についての注意喚起

① 趣旨

寒冷期は窓を閉めがちであるが、エアロゾル中に含まれるウィルスの希釈に有効な換気頻度を向上させること、乾燥期における飛沫の飛散拡大を抑制するために有効な適度な湿度管理を追記する。

② ガイドラインの該当箇所

(オフィス・製造事業場)3(4)勤務

(3) 出張、対面の社外の会議、イベント等への参加時の対策確認

① 趣旨

不急の場合は見合わせるとしてきた出張について、「地域の感染状況や出張先の感染防止策に注意する」旨の記載に変更する。また、参加の必要性をよく検討するとしてきた対面の社外の会議やイベントについて、「感染防止対策などを確認」する旨の記述に変更する。

② ガイドラインの該当箇所

(オフィス)3(4)勤務

(4) 頻繁に洗浄・消毒を行う設備・器具の例示からつり革を削除

① 趣旨

つり革は、鉄道、バス事業者等以外は一般的ではないため例示から削除する。

② ガイドラインの該当箇所

(オフィス・製造事業場)3(7)設備・器具

(5) 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)利用の呼びかけ

① 趣旨

6月19日にリリースされたCOCOAは、陽性登録をした利用者と1m以内に15分間の距離にいた別の利用者に濃厚接触者となった可能性がある旨を通知するもので、感染の危険の迅速な把握や対応が可能になる。従業員や顧客の感染予防の観点から重要であり、COCOAの利用呼びかけ、接触の通知を受けた従業員に対して、検査受検、検査結果が出るまでの自己隔離を求める旨を記載する。

② ガイドラインの該当箇所

(オフィス・製造事業場)3(9)従業員に対する感染防止策の啓発等

(6) 保健所との連携体制の適正化

① 趣旨

感染拡大期における保健所の業務負担を考慮し、統括安全衛生管理者や安全衛生推進者の行うべきことについて、保健所との連絡体制の確立というあいまいな表現を改め、「地域の保健所の連絡先の把握」である旨を明記する。

② ガイドラインの該当箇所

(オフィス・製造事業場)3(11)その他

* トイレのハンドドライヤーの取扱い等について、別途、改訂に向けて、関係者と協議中。

以上

「CSR、消費者、防災、教育、D&I」はこちら