1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. 科学技術、情報通信、知財政策
  4. イノベーション創出の加速化に向けた知財政策・制度のあり方

Policy(提言・報告書) 科学技術、情報通信、知財政策 イノベーション創出の加速化に向けた知財政策・制度のあり方 (知的財産委員会企画部会 中間とりまとめ)

2011年4月27日
(社)日本経済団体連合会

【 概要 】

(PDF形式/下記「本文」内と同内容です)

【 本文 】

(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)

序文

概要

I.基本認識

  1. 1.新しいパラダイムに合致したイノベーションの加速化
  2. 2.ビジネスモデルの変化に適応した新しい協業への挑戦
  3. 3.新しい知財制度のあり方の追求(知の発信力と求心力の強化に向けて)

II.イノベーション創出に向けた知財戦略の重要性

III.海外から叡智を惹きつける魅力ある知財インフラの整備(インバウンド強化策)

  1. 1.インバウンド強化の必要性
  2. 2.インバウンド強化に向けた提案
    1. (1)協調領域に相応しい技術普及志向の特許制度の検討
    2. (2)イノベーション志向の著作権法制の検討の開始
    3. (3)国際的整合性ある制度構築
      1. 職務発明制度再改定の検討
      2. 通常実施権の第三者対抗制度の改善(登録対抗制度から当然対抗制度へ)
      3. 営業秘密の保護に資する刑事訴訟手続の整備

IV.海外展開のための知財インフラの整備(アウトバウンド強化策)

  1. 1.アウトバウンド強化の必要性
  2. 2.アウトバウンド強化に向けた提案
    1. (1)わが国企業のアジア展開を念頭に置いた知財保護強化策の推進
      1. 中国
      2. 韓国
      3. ASEAN
      4. インド
    2. (2)国を跨いだ共通の特許制度構築に向けた制度調和への取り組み
      1. 世界共通の特許制度
      2. アジア共通の特許制度
      3. 制度調和に向けた取り組みの現状と課題
    3. (3)不正競争防止法等による営業秘密の国際レベルでの保護
    4. (4)通商政策との連動(TPPをはじめとするEPA)
    5. (5)模倣品・海賊版対策
    6. (6)国際標準化戦略の推進
      1. 国際標準化特定戦略分野等の着実な実施
      2. 「認証」の戦略的活用
      3. 諸外国(特にアジア諸国)との協力による国際標準の獲得
      4. 標準からみた望ましい知財制度のありかたの検討
    7. (7)新興国の知財情報収集の推進
    8. (8)国際ルール作りへの参画

V.「イノベーション・ハブ」になるための基盤強化策

  1. 1.基盤強化の必要性
  2. 2.基盤強化に向けた提案
    1. (1)イノベーション推進基盤の強化
      1. 政府における連携の強化
      2. ファイナンスの強化
    2. (2)イノベーション創出基盤の強化
      1. 産学官連携プラットフォームの強化
      2. 知財を活用した国際貢献プラットフォームの強化

VI.今後に向けて

【補論】

  1. 1.複線型著作権制度
  2. 2.知的財産権制度をめぐる論争
  3. 3.EPOの考える特許制度4つの未来シナリオ

「科学技術、情報通信、知財政策」はこちら