1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. 総合政策
  4. 「経団連成長戦略2011」

Policy(提言・報告書) 総合政策 「経団連成長戦略2011」 −民間活力の発揮による成長加速に向けて−

2011年9月16日
(社)日本経済団体連合会

【 概要・工程表 】

(PDF形式)

【 本文 】

本文のPDF形式ファイルはこちら

I.はじめに

  1. 1.日本経済の現状
  2. 2.空洞化の阻止と経済成長の重要性

II.日本企業の活力の発揮と世界との連携を軸とした成長戦略

  1. 1.成長への道筋
    1. (1)成長阻害要因の解消
    2. (2)震災復興と成長戦略の一体的な推進
    3. (3)民主導の経済成長の実現
  2. 2.国際的な立地競争力の強化に向けて
    1. (1)エネルギー・環境政策のあり方の抜本的見直し
    2. (2)デフレ脱却と為替の安定化
    3. (3)法人税を含む企業の公的負担の軽減
    4. (4)TPPをはじめとする高いレベルの経済連携促進
    5. (5)労働市場の多様性を踏まえた雇用政策の展開
  3. 3.成長加速に向けた企業のアクション
    1. (1)未来都市モデルプロジェクトをはじめとしたイノベーションの加速
    2. (2)産業クラスターの形成による競争力強化
    3. (3)観光・農業の振興を通じた地域活性化
    4. (4)成長するアジアとの一体化

III.持続的な成長に不可欠な基盤整備

  1. 1.社会保障と税・財政の一体改革
  2. 2.道州制と「地域主権」改革の実現
  3. 3.都市の競争力強化
  4. 4.金融・資本市場の機能強化
  5. 5.グローバル人材の育成・海外からの受入れ

IV.おわりに

「総合政策」はこちら