1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. CSR、消費者、防災、教育、女性
  4. 「世界を舞台に活躍できる人づくりのために」

Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、女性 「世界を舞台に活躍できる人づくりのために」 -グローバル人材の育成に向けたフォローアップ提言-

2013年6月13日
一般社団法人 日本経済団体連合会

【概要】

(PDF形式)

【本文】

(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)

I.はじめに

II.グローバル人材育成に向けて各教育段階で求められる取り組み

  1. 1.初等中等教育で求められる取り組み
    1. (1)英語教育や国際理解教育の抜本的拡充
    2. (2)高校段階での海外留学の奨励
    3. (3)小中一貫校、中高一貫校の増大による多様な教育体系やカリキュラムの普及
    4. (4)国際バカロレア(IB)課程の普及と日本国内におけるIB認定校の増大
    5. (5)海外帰国子女の経験の活用
  2. 2.高等教育で求められる取り組み
    1. (1)高大接続の改善と入試改革の実現
    2. (2)教養教育(リベラル・アーツ教育)の拡充
    3. (3)産学協働による教育カリキュラムの開発
    4. (4)大学の役割に基づく機能分化と重点的予算配分
    5. (5)大学の国際化のさらなる加速
    6. (6)秋入学、ギャップ・イヤー等、国際化に対応するための取り組みの評価
  3. 3.企業に求められる取り組み
    1. (1)採用活動の多様化
    2. (2)社員のグローバル化対応力の強化
    3. (3)人事・評価制度のグローバル共通化
    4. (4)大学院等における社員の学び直しの奨励

III.経団連が大学等と連携して実施する取り組みの強化・拡充

  1. 1.「グローバル人材育成スカラーシップ事業」の拡充
  2. 2.「経団連グローバルキャリア・ミーティング」の開催
  3. 3.グローバル人材育成モデル・カリキュラムの充実
  4. 4.高校生の海外留学支援(UWC日本協会の活動)の強化
  5. 5.初等中等教育への協力(経団連教育支援フォーラム、スポーツ推進部会の活動)

IV.終わりに

「CSR、消費者、防災、教育、女性」はこちら