1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. 労働政策、労使関係、人事賃金
  4. 2020年版 経営労働政策特別委員会報告

Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金 2020年版 経営労働政策特別委員会報告 -Society 5.0時代を切り拓くエンゲージメントと価値創造力の向上-

2020年1月21日
一般社団法人 日本経済団体連合会

〔目次のみ掲載〕

第1章 Society 5.0時代にふさわしい働き方を目指して

はじめに

  1. 1.働き方改革のさらなる深化
  2. 2.転換期を迎えている日本型雇用システム
  3. 3.Society 5.0時代に活躍する人材の育成
  4. 4.地域の中小企業の新たな取組み

第2章 雇用・労働分野における諸課題

  1. 1.働き方改革関連法への対応
  2. 2.ハラスメントをめぐる法改正と企業の対応
  3. 3.70歳までの就業機会の確保に向けて
  4. 4.障害者雇用の現状と今後の課題
  5. 5.最低賃金制度に関する考え方

第3章 2020年春季労使交渉・協議における経営側の基本スタンス

  1. 1.わが国企業を取り巻く経営環境
  2. 2.経営側の基本スタンス
  3. 3.今後の労使関係

■ TOPICS
○ 働き手のエンゲージメントの重要性
○ 労働生産性の向上に向けて
○ 副業・兼業をめぐる動向
○ 就職氷河期世代支援
○ 労働紛争の現状と動向
○ 雇用類似の働き方をめぐる動向
○ 仕事と生活の両立に資する介護休暇等の時間単位取得
○ 雇用保険法の改正
○ 労働分配率の動向

以上

※ 本報告書は、2020年1月21日以降、(一社)経団連事業サービスにおいて発売しますので、ご関心の向きは、お問い合わせください。

「労働政策、労使関係、人事賃金」はこちら