1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. CSR、消費者、防災、教育、女性
  4. 新型コロナウイルス感染症に伴う2021年度入社対象者の採用選考への対応について

Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、女性 新型コロナウイルス感染症に伴う2021年度入社対象者の採用選考への対応について

2020年3月31日
採用と大学教育の未来に関する産学協議会

新型コロナウイルス感染症に伴う政府要請を踏まえ、多数の学生が集まる合同企業説明会をはじめ、2021年度入社希望者を対象とした各種採用関連イベントが中止・延期となるなど、例年とは異なる状況が生じている。この状況が今後どうなるか、先行きも見通せない。

産学協議会は、本日、報告書「Society 5.0に向けた大学教育と採用に関する考え方」を取りまとめ、今後のアクションプランを示したところである。これに加え、現下の状況を踏まえ、産学が連携しつつ、以下のような点に特段の配慮を行うこととする。

企業側は、学生の不安を和らげ、幅広い情報と十分な採用機会を提供する観点から、現行の採用選考日程を基本としつつ弾力的な採用選考活動を実施する。具体的には、Web説明会など多様な通信手段を活用した企業説明の機会の創出、エントリーシートの提出期限の延長、オンライン面接の推進、年間を通じた複数回の選考機会の確保などに向けて最大限努力する。感染収束以降の採用関連イベントの追加開催等、学業を尊重しつつ各社の状況に応じて最大限柔軟な対応を行う。

一方、大学側は、企業の柔軟かつ多様な広報・採用選考活動に関する適切な情報提供を行い、学生がいたずらに不安や焦りを感じることなく、自身の職業やキャリアについて落ち着いて考え、就職活動に臨むよう支援を強化する。

学生には、改めて、世界中で発生する様々な社会的課題の深刻化を認識し、これを解決するための柔軟な発想、変化への対応力、リーダーシップなどを身に付けるため、大学生活を通じて、学業と多様な経験を積むことを期待する。

以上

「CSR、消費者、防災、教育、女性」はこちら