1. トップ
  2. 経団連について
  3. 事務局
  4. 次世代育成支援に関する行動計画

経団連について 事務局 次世代育成支援に関する行動計画

2016年3月25日

職業生活と家庭生活の両立を図るために必要な雇用環境を整備する観点から、職員の仕事と子育てに関する「一般事業主行動計画」を次のとおり策定する。

1.計画期間

2016年4月1日~2018年3月31日(2年間)

2.計画の内容

目標1 子育てを行う職員の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境を整備します。

(内容)

  1. (1)子供を育てる職員が利用できる育児支援制度を拡充します。
    • 小学校就学前の子供を育てる職員が希望する場合に利用できる始業・終業時刻を繰上げまたは繰下げる時差勤務制度の導入を検討します。
  2. (2)男性職員の配偶者出産時の休暇取得を促進します。
    • 男性職員に対し、配偶者出産時の休暇取得を働きかけます。
    • 男性職員が育児のための休暇を取得しやすいように、全職員に周知・啓発します。

目標2 働き方の見直しに資する多様な労働条件を整備します。

(内容)

  1. (1)所定時間外労働の削減のため、「ノー残業デー」の徹底を呼びかけます。
    • 管理職を対象にした意識改革のための研修を行います。
    • 毎週水曜日にノー残業デーの実施を全職員に周知します。
  2. (2)年次有給休暇の取得を促進します。
    • 家族の誕生日や記念日、人間ドッグ受診日に年次有給休暇の取得を推奨します。
以上