1. トップ
  2. お知らせ
  3. 令和3年8月豪雨災害について ―災害被災地支援情報

お知らせ 経団連1%(ワンパーセント)クラブニュース増刊号 令和3年8月豪雨災害について ―災害被災地支援情報

経団連1%(ワンパーセント)クラブ
2021年8月18日

8月11日からの前線の停滞による大雨による災害により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。全国各地で記録的な大雨となり、河川の氾濫や土砂災害等による甚大な被害が発生しています。8月17日現在、長野県、島根県、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県の6県18市町村に災害救助法が適用され、被災地では「災害ボランティアセンター」設置が進んでいます。

経団連1%クラブでは、被災された方々を応援するため、下記の通り支援に関する情報をご案内いたします。皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

※ 本ご案内の内容は8月17日時点のものです。最新の支援情報につきましてはリンク先の各団体のページをご参照ください。

1. 義援金の募集

義援金は、被災自治体を通じ、被災者の方々に直接届けられるお見舞金です。
個別の被災自治体で受付けていますが、日本赤十字社や中央共同募金会では、被災県に設置された義援金配分委員会に対する配分が可能な窓口を準備中です。詳細が決まり次第、改めてご案内いたします。

2. 支援金の募集

被災地では復旧に向けて多くの住民の方々が支援を必要としているなか、ボランティア団体やNPO等が支援活動を行っています。支援金は、これら支援活動に充当される資金です。個別団体でも支援金を募集しておりますが、経団連1%クラブでは、コロナの影響も踏まえた活動状況にあわせて幅広い団体に助成することが可能な中央共同募金会の支援金をご紹介します。

● 災害ボランティア・NPO活動支援サポート募金(ボラサポ)

中央共同募金会では、「ボラサポ・令和3年8月豪雨」の寄付受付を開始いたしました。寄せられた寄付金は、令和3年8月豪雨による災害の被災地において、被災された方々の支援活動を行うNPO・ボランティアグループなどの活動費用を中心に助成されます。助成は、審査委員会による公正な審査により決定され、万が一残額が出た場合には防災・減災力向上のための活動や災害時に備えた基盤整備にかかわる活動の支援のために活用されます。詳細は中央共同募金会のページをご覧ください。

中央共同募金会ボラサポ告知ページ
https://www.akaihane.or.jp/saigai-news/vorasapo/20955/

受入口座: 三井住友銀行 東京公務部 普通 0162585
口座名義: (福)中央共同募金会
フク)チユウオウキヨウドウボキンカイ
受付期間: 2021年8月16日(月)~2022年1月31日(月)
  • ※ 三井住友銀行本支店間での送金手数料は、ATM・窓口ともに免除となります。
  • ※ ボラサポへのご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付として所得税、法人税の優遇の対象となります。
  • ※ 「ボラサポ・令和3年8月豪雨」への寄付を指定して、銀行振込によりご寄付される場合、また領収書を希望される場合は、以下、担当窓口にメールでご連絡ください。
【担当窓口】中央共同募金会 基金事業部 青柳、戸石
TEL: 03-3581-3846
Fax: 03-3581-5755
E-mail: receipt@c.akaihane.or.jp

● READYFOR×ボラサポ 災害支援基金

中央共同募金会では、上記の「ボラサポ・令和3年8月豪雨」とは別に、READYFOR株式会社との連携により「災害支援を専門とする非営利団体による活動を対象とした緊急助成プログラム」への寄付募集および助成を行う「READYFOR×ボラサポ 災害支援基金」を実施しています。このプログラムは、被災地において、被災家屋の復旧に関する専門技術を用いた支援および避難所支援を行う、あらかじめ登録された8つの災害支援を専門とする非営利団体に対して、助成を行うものです。詳細はREADYFORのサイトをご参照ください。

READYFOR×ボラサポ 災害支援基金告知ページ
https://readyfor.jp/projects/GRANT_RELIEF08

【担当窓口】READYFOR株式会社 基金運営・プラットフォーム開発部 市川
TEL: 090-9512-0068
E-mail: grant_relief@readyfor.jp

3. 支援組織の活動と災害ボランティア情報

新型コロナウイルス感染が拡大している現在の状況下では、これまでとは異なる、新たな被災地支援が必要となっています。こうした事態を想定し、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)および全国社会福祉協議会(全社協)では、事前に災害対応のガイドラインを策定しています。

今般、それらガイドライン等を踏まえて、地元の社会福祉協議会やNPO、支援ネットワークなどを全国ネットワークが遠隔からサポートする体制を構築してオンライン会議を行いながら、各地の状況に合わせて対応を進めています。また、ボランティア従事者についても、被災地域内の個人・団体に限定して募集を行う等、留意しています。

詳細情報については、以下をご参照ください。(※は、関連ガイドライン)

全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
http://jvoad.jp/

※ 新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の
災害対応ガイドライン(JVOAD)(2020年6月1日発行)

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
https://www.saigaivc.com/

※ 「新型コロナウイルス感染拡大下における災害ボランティアセンターの
設置・運営等について~全社協VCの考え方~」(2020年6月1日発行)


【本件ご連絡先】
 経団連SDGs本部 萬屋、大久保、山口、長澤
電話: 03-6741-0154
E-mail: 1p-club@keidanren.or.jp
URL: http://www.keidanren.or.jp/1p-club/
以上

「お知らせ」はこちら