1. トップ
  2. Policy(提言・報告書)
  3. 環境、エネルギー
  4. 提言「ポスト京都議定書の新たな国際枠組の構築に向けて」

Policy(提言・報告書) 環境、エネルギー 提言「ポスト京都議定書の新たな国際枠組の構築に向けて」

2011年9月15日
(社)日本経済団体連合会

(The English version is here.)
(La version Française est ici.)

【 概要 】

(PDF形式)

【 本文 】

本文のPDF形式ファイルはこちら

1.はじめに

2.合意すべき国際枠組の在り方−全ての主要排出国が参加する単一の国際枠組−

3.地球規模の低炭素社会実現策

  1. (1)BAT(既存の最先端の技術)の普及と革新的技術の開発・実用化
  2. (2)資金面・技術面での二国間・多国間協力の推進
    1. CDM(クリーン開発メカニズム)を補完する二国間オフセット・メカニズムの推進
    2. 実効ある資金支援
  3. (3)キャパシティ・ビルディングの促進
  4. (4)3L("Lighting Africa、Linking Africa、Lifting Africa")の推進
  5. (5)環境技術プラットフォーム(WIPO-Green)を通じた低炭素技術移転
  6. (6)セクター別アプローチの推進

4.わが国の中期目標について

5.終わりに

【 参考資料 】

(PDF形式)

  1. 【参考1】トップダウン型とボトムアップ型の比較
  2. 【参考2】世界の温室効果ガス排出量シェアの長期的見通し
  3. 【参考3】ベースラインCO2排出量および世界半減のための地域別排出削減
  4. 【参考4】2020年における限界削減費用別温室効果ガス排出削減ポテンシャル
  5. 【参考5】京都議定書の下での先進国間の限界削減費用比較

「環境、エネルギー」はこちら