1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2015年10月29日 No.3244
  5. 「ISO14001改正に関する説明会」を開催

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2015年10月29日 No.3244 「ISO14001改正に関する説明会」を開催 -生物多様性に関する規定変更と企業の対応事例を解説

国際標準化機構(ISO)は9月15日、事業者の環境マネジメントシステムにかかわる国際規格「ISO14001」の2015年版規格を公開した。環境保全の観点から、「持続可能な資源の利用」「気候変動の緩和・適応」とともに「生物多様性の保護」についても規定されるなど、1996年の規格制定後初めての大規模な改正となった。

そこで、経団連は環境安全委員会と経団連自然保護協議会との共催で9月29日、約200名の参加を得て、「ISO14001改正に関する説明会」を開催した。

説明会では、まずISO日本委員会の吉田敬史委員長が15年版規格の概要をテーマに講演し、生物多様性に関する規定事項など、主な変更内容等について解説した。そのうえで、環境マネジメントシステムにおける生物多様性への対応事例として、初めて取り組む企業向けの事例を経団連自然保護協議会事務局から、また先進的な企業の取り組み実例を富士通の前沢夕夏グリーンリレーションズ推進部部長から、それぞれ説明した。同社では、グローバル統合認証を保有し、生物多様性の定量評価を含むマネジメントシステムを運用しており、前沢氏からは、その運用状況等について説明があった。

◇◇◇

「生物多様性の保護」にかかる規定事項について、今後、業種ごとに具体的な対応が求められることから、経団連自然保護協議会では希望に応じて、経団連の業種団体会員を対象に、団体主催の説明会に講師を無料で派遣することとした。ご関心のある団体会員におかれては、協議会事務局までお問い合わせいただきたい。

◇ 問い合わせ先=経団連自然保護協議会事務局
 (電話:03-6741-0981、eメール: kncf@keidanren.or.jp )

「2015年10月29日 No.3244」一覧はこちら