1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2018年11月22日 No.3386
  5. 幹事会で自民党の小泉進次郎厚生労働部会長らが「風疹撲滅のための取り組み」を呼びかけ

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 週刊 経団連タイムス 2018年11月22日 No.3386 幹事会で自民党の小泉進次郎厚生労働部会長らが「風疹撲滅のための取り組み」を呼びかけ

説明する小泉厚労部会長

経団連が11月13日、東京・大手町の経団連会館で開催した幹事会において、自由民主党の小泉進次郎厚生労働部会長、石﨑徹同部会長代理、大隈和英同副部会長が風疹撲滅のための取り組みを呼びかけた。

今年7月以降、関東地方を中心に風疹患者数が増加。妊娠中の女性が感染した場合、生まれる子どもに深刻な障がい(CRS、先天性風疹症候群)をもたらす可能性があり、感染防止に社会全体で取り組むことが急務となっている。小泉部会長から従業員の抗体検査やワクチン接種等に協力するなど感染拡大防止のための対策を要請されたことも受け、経団連は14日付けで、会員各社における積極的な取り組みを文書で要請した。

【総務本部】

「2018年11月22日 No.3386」一覧はこちら

「週刊 経団連タイムス」一覧はこちら