1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2019年7月11日 No.3415
  5. 片野坂副会長がヌクカUN Women事務局長と懇談

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 週刊 経団連タイムス 2019年7月11日 No.3415 片野坂副会長がヌクカUN Women事務局長と懇談

ヌクカ事務局長(右)と片野坂副会長

経団連の片野坂真哉副会長は6月28日、東京・大手町の経団連会館でプムズィレ・ムランボ=ヌクカUN Women事務局長(元南アフリカ副大統領)を迎え、女性活躍推進およびジェンダー平等に向けた経団連における取り組みやUN Womenと日本企業との今後のパートナーシップ拡大に向けて意見交換を行った。

片野坂副会長は、「経団連では女性活躍の推進を経営戦略の柱の一つとして強力に進めており、トップのコミットメントのもと、この数年で着実に成果が表れている。今後こうした活動を強化するとともに、UN Womenともさまざまなかたちで連携・協力していきたい」と述べた。

これに対しヌクカ事務局長は、SDGs(持続可能な開発目標)への経団連の取り組みを評価したうえで、「SDGsのあらゆる局面に女性が関わっており、今後より一層日本の民間企業との連携を深めるとともに、日本企業においてもWEPs(Women's Empowerment Principles)への署名などを通じて、ジェンダー平等の取り組みをともに推進していきたい」と応じた。

【ソーシャル・コミュニケーション本部】

「2019年7月11日 No.3415」一覧はこちら

「週刊 経団連タイムス」一覧はこちら