1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2014年10月23日 No.3197
  5. 社会貢献活動実績調査結果を公表

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2014年10月23日 No.3197 社会貢献活動実績調査結果を公表 -東日本大震災の支援が継続

経団連と1%(ワンパーセント)クラブ(佐藤正敏会長)は14日、「2013年度社会貢献活動実績調査結果」を公表した。調査では、「支出調査」および東日本大震災からの復興の取り組みに関する「社会貢献活動特別調査」を実施し、370社超から回答を得た。調査結果の概要は次のとおり。

■ 1社平均支出額は約4.5億円

2013年度の社会貢献活動支出額は1社平均で4億8200万円となった。前年度に比べ8.1%の上昇、リーマンショック以前に並ぶ高水準になった。

分野別支出では前年度に続き「教育・社会教育」が第1位となった。被災地支援については、東日本大震災からの復興に関連して回答企業の合計で127億円が支出された。

■ 7割強の企業が復興支援に取り組む

社員のボランティア参加や寄付、自主プログラム等、被災地支援に何らかの取り組みを行った企業は、回答企業の7割強に上った。特に「企業マルシェ」の開催や社員食堂等での被災地産品の利用に関しては、13年度実施社数に比べ14年度実施・実施予定社数が上回っている。

このほか、263社から寄せられた具体的な支援の取り組みを事例集としてまとめている。

※詳細は http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/082.html 参照

【政治社会本部】

「2014年10月23日 No.3197」一覧はこちら