1. トップ
  2. Action(活動)
  3. 週刊 経団連タイムス
  4. 2018年9月6日 No.3375
  5. 州知事と中間選挙

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 週刊 経団連タイムス 2018年9月6日 No.3375 州知事と中間選挙 -ワシントン・リポート<45>

米国政治の将来を占う中間選挙が徐々に近づくなか、連邦議員のみならず、多くの州で州知事選挙も同時に行われるため、大いに関心が高まっている。合衆国憲法修正第10条(1791年成立)は「この憲法が合衆国に委任していない権限または州に対して禁止していない権限は、おのおのの州または国民に留保される」と規定しており、州政府は市民の日常生活に関連する多くの権限を有することから、行政府トップである州知事をめぐる動向は要注目である。

州知事等一覧

(画像のクリックで拡大PDF)

■ 任期

ほとんどの州において、1期4年の任期を定めている。ただし、ニューハンプシャー州やバーモント州のように1期2年の任期を定めている州もある。また、州知事の再選については多くの州で連続2期までと定めているが、連続2期務めた後に1期空ければ再度就任可能とする州や再選期限を設けていない州もあり、アイダホ州とユタ州の現職知事は連続3期目を務めている。バージニア州のみ、複数回の就任は可能であるものの、連続での就任を禁止している。

■ 選挙対象

現在の州知事の政党は、共和党33、民主党16、無所属1(アラスカ州)である。そのうち、今年11月に州知事選挙が行われるのは36州で、内訳としては共和党26、民主党9、無所属1であり、両党とも7州(合計14州)は今回選挙対象となっていない。

なお、奇数年に州知事選挙を実施するのは5州のみで、次回2020年の大統領選挙の前年(19年)に実施するのがケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州で、翌年(21年)に実施するのがニュージャージー州とバージニア州である。

■ 選挙区割り

今回の選挙でさらに重要性が高いのが国勢調査との関係で、10年ごとに実施される国勢調査は次回20年に予定されている。全米50州は連邦議会の下院に最低1議席を有するが、国勢調査の結果として得られる人口統計に基づいて各州が追加の議席を再配分されるため、現在、アラスカ州、デラウェア州、モンタナ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、バーモント州、ワイオミング州の7州は1議席しか有していないのに対して、最も多いカリフォルニア州は53、次いでテキサス州が36、フロリダ州とニューヨーク州がそれぞれ27の議席を有している。

しかし、昨今の人口動態を踏まえると、複数の州において議席の増減が見込まれ、また、これら州内における各議席の選挙区は各州に一定の設定権限があることから、今回の選挙で当選した州知事および州議会で過半数を得た政党にとっては、次の下院議員選挙に向けた有利な区割りを設定できる可能性が高まるのである。

なお、連邦議会の上院については各州が等しく2議席を有するため、人口に基づく違いはない。

【米国事務所】

「2018年9月6日 No.3375」一覧はこちら

「週刊 経団連タイムス」一覧はこちら